体験のお申し込みはこちらから >

『ヒステリックが抱えてるもの』

『ヒステリックが抱えてるもの』

人生一度や二度くらいは
いきなり怒鳴られたり
クレームをもらったり、
泣きわめかれたりしたことあるかもしれません。

「いわゆるなんだかヒステリックで大変そうな人」

から抜け出す方法、

理解する方法

について今日は配信します。

現在のような

大きな社会不安が起きる時は、

<不安から自己信頼>

この意識のシフトを
練習するのに本当にいいチャンスです

私のところには

カラダのことでお悩みの方が
セッションやコンサルに
いらっしゃることが多くあります。

カラダの状態が芳しくない、
理想的じゃない場合は

ココロとカラダは繋がっているので

メンタルも穏やかじゃないことも
もちろん良くあります。

特に今のような

台風やコロナや消費税引き上げ

など社会的不安が高まる出来事があると

ストレスとして出たり、

ひどくなる人が時々います。

そしてそのような不安に呑まれやすい状態の時、

何が起きてるかということなんですが、

必要以上のこわばり・緊張

分泌物の過剰・抑圧

などが起こります。

カラダの匂いに関連して、

抱えてる感情・不調の臓器が
わかることも良くあります。

腎臓だと頭皮とか
胃腸だと口臭とか

肝臓、膵臓だと足の匂いとか
毒素や代謝だと汗とかに

独特の匂いがします。

(単純にくさいというのとちょっと違う)

おそらく状態により
分泌物が過剰になったり
滞ったり、老廃物が出るんでしょうね。

その中でも

ヒステリックな状態、

自己否定の状態

この2つはかなり強烈です。

で、この時臭いモノに蓋を・・

ってやってると

慢性化しちゃったり、病気になります。

だから、こういう不安が起きることを

きっかけに向き合えるということは

そういう方のカラダにとって

とってもいいチャンスでもあるわけです。

あるとき、

ムカムカ
怒りながらくる
クライアントさんがいました。

プンプンしながら
お金を嫌そう〜に支払い
むすっとして目の前に座ります。

ヒステリックにため息をついて、
どうやら私にもムカムカしているようです。

そんなクライアント断らないの?!
と思われるかもしれません

いやあ、一回ビンタでもしようかと・・というのは冗談ですが

でも、

その方の心情、
よく知っています。

実のところは
不安でいっぱいなんです。

あらゆることに
怒ってるんですけど

その怒りの根底にあるもの。

それ不安です。

究極のところ
人間には

不安か愛か

という2つの感情しか
ありません。

この方のこころの中では

台風が起きると
自分がどうにかなっちゃうんじゃないか

仕事が売上が減るんじゃないか
病気になったり被害にあうんじゃないか
そうしてまた大変になるんじゃないか

税金が上がると
また自分だけ損をするんじゃないか
仕事がただでさえ忙しいのに
さらに生活も苦しくなるんじゃないか
また苦しさがやってくる気がする

コロナウイルスが円満して
自分も肺炎になって
自粛でお客さんが来なくなって
また先が見えない不安がやってくるんじゃないか

という「また大変なことが起こる」という不安が
どんどん大きくなっって
たくさんになっちゃうんですね。

緊張でピリピリ
怒りでむしゃくしゃ

不安を抱いてるのは実際に
世の中で起きていることじゃなくて

それに伴うであろうと決めている
苦痛の方、だったんですね。

このヒステリーとなっている不安が

フィジカルとともに緩むと

自然とクライアントさんは涙が出ることが殆どです。

そうしてやっと

自己信頼という安心を取り戻していきます。

ここでお話ししているのは
社会現象に不安を煽られる、

飲み込まれていないか
ということについてのお話です。

身に迫る危険については
ご自身で冷静になった上で判断ください

不安と危険はそれぞれ全く関係のない現象です。

この不安についてフォーカスをすると

今まで努力を重ねて
苦労の先に良い結果を手に入れてきた

だから

またその結果を手にしていくには

大変なことを我慢しないといけない

そう思って(決めて)いるから不安になる

大変なことに抵抗がありながらそれを選択する

大変なことが実際に引き起こされる

不安が増強される

というループがあります。

で、この不安ベースに動くことが
当たり前になってしまうと、

・豊かになるには努力が必要
・キレイになるには理由が必要
・痩せるには苦労が必要
・うまくいくととんでもない苦労が待っている

などなどなどの

うまくいくためには
すっごい「大変」「困難」が必要という

『うまくいく』と『大変』が
セットになってしまっているんです。

ここでのリハビリは、

「大変」に結びついてしまっているのを
「カンタン」に毎回結び直していく
という地味〜な作業をしていきます。

でね、
そのプロセスの間には
「ゆるむ」という段階があります。

この

「ゆるむ」

状態を通過して、

自己信頼を取り戻すことが
根本的な不安の解消法になってきます。

ふわふわしてるように
聞こえるかもしれませんが

これは現実的に、
不安から始まる
トラブルに巻き込まれないための
メソッドでもあります。

生きてる限りは

不安という状態に呑まれる時もあるし、

こういう現象って必ず
起きてきます。

ヒステリーはその不安の
振動に合わさっちゃってる状態

安心を取り戻していくと
天真爛漫さとか、
豊かな表現につながります。

ご本人も、周りに関わる方も
その正体は不安であるということ、

そして

・不安でいるか
・大丈夫で在るのか

選べるということを
知っておいたほうがいいです

関連記事

  1. <シメサバが痩せない原因?意外なところにアレルギー>

  2. 「感性が鈍るとき」

  3. 特別賞を受賞しました。

  4. ご挨拶&御礼・31歳になりました。

  5. 筋トレのメリット 大切なのは実年齢ではなく体力年齢

  6. お知らせ【ゴールドジム公認パーソナルトレーナー】として指導エ…

  1. 2020.09.21

    摂食障害はココロの飢餓と依存の連鎖

  2. 2020.08.18

    後編 Honor your feelings. 職業「わ…

  3. 2020.08.15

    Honor your feelings. 仕事と生き方に…

  4. 2020.08.14

    天然素材でキレイをつくる

  5. 2020.08.13

    ハイヤーセルフに繋がる方法