体験のお申し込みはこちらから >

いい人でいることが苦しいというなやみ 苦しみを終わらせるパラドックスを知ろう

なんだか東京は毎日ニュースで大忙しなので

都外からはなかなか東京に行きにくいという声もあるので

ワークショップ開催は少し延期します。

ひっそり個別セッション体験を行うので

ご希望の方は

下記リンクからお申し込みください。

優しいからしんどくなったり

いつも周りのことを思って疲れちゃう

というお悩みをよく聞きます。

ひょっとすると

自分への期待値がかなーり高いのかもしれません。

自分への「こうあるべき」の期待値が高いと、

つまり

「未来」にフォーカスしすぎていると

本当の自分から

どんどん離れていって

分離が起こります。

そうすると

「今のありのまま」

ではなく

「未来の理想像」

にいつも意識がいくことになり

そこを基準に自分や他人を見るようになります。

理想からはみ出しちゃう部分や

至らない部分は

認められなくなります

そうすると

その自分の一部は

行き場を失って

あなたの

なんだか

「しんどい」

とにかく

「苦しい」

につながります。

聖人、

ヒーロー、

ヤマトナデシコ、

目指しちゃってないですか?

自分ではそんなつもりがなくても

親の期待値が高いと今度は

家から出たくなくなってしまったりします。

すると引きこもりたくなります。

日本という場所は

「優しさ」「正しさ」「周りとの同化」を重んじるので

とってもこれが

起きやすい社会だとも思います。

その一方、

日本独自の個性や魅力も

産んでもいるとも思います。

もしかすると

その「苦しい」は

全く別の価値観を基準としている

人間関係を築けたり

異なる環境にいくと

あっさり解決したりすることかもしれません。

ですので今日は

少し視点を変えて

ココロの内側を

ズームアウトして

もっと

おっきな図で見てみようと思います。

いま色々と行政が動いてますよね。

新宿のコロナ対策に限っては

何か目的もあるような感じもしてるんですが、

オリンピックのためという名目で

歌舞伎町周りはここ10年で

「物騒だと思われるもの・特定の団体に結びつくもの」

はどんどんと整備されて来てます。

実は私はその昔、

渋谷・新宿・原宿・六本木の文化は

人の欲望が見える気がしたので

興味が尽きない体当たりな性格だったので

あの界隈のドキュメンタリーを制作したり

その筋の方になぜかアルバイトで

英会話を教えていたこともあったりしました。

(その生徒さん、こめかみという英単語を知っていて怖かった笑)

海外から帰国して、なんだか

気持ちが「しんどいなあ」と思っていた私には

そういう人間の裏表の見ることが

癒しになってたのかもしれません。

昼間の顔は

プレッシャーを感じるくらい

きちんとした国

の一方、

夜の文化って

アメリカとかでは考えられない

倫理を外れたものもたくさんあって

「日本って矛盾しまくりだけどすっごい独自で魅力的」

って思ったのを覚えてます。

その世界にいる人たちって

ドロドロな部分とか

えげつない

どっかバランス歪んでるし

でも、とても正直な部分でもあります。

表の世界との分離がそこにありました。

人間は窮屈を感じたら

発散したくなります。

「いい人」の窮屈さの対極に

そのようなはけ口があるんです。

「いい人」でいることの方が

実はとっても不自然で

本当は、必要ないんです。

いい人になろう

とした瞬間

いい人でない部分の自分は

抑圧されてしまうからです。

発散しながらバランスをとるのは

一時的にはいいかもしれませんが

なんの解決にもなりません。

統合する準備ができたら、

「いい人」「優しく・正しくあるべき」

こういう期待を全部

放り投げてしまいましょう。

そうすると

いい人になる必要のない

すでに完全なそのままの自分に

近づいていけます。

と、同時に

いい人じゃない部分も許している時

ありのままを許している時

優しさや慈しみ、

そのものに

なることができます。

あなたの中で

そのシフトが起こると

「周りに合わせないと!」って思ってた

周りの人たちまで、

ありのままの自分でいいんだな

っていうことを気がついていくことにもなるんです。

この世界に

想像(創造)しうるすべての

恐ろしいことや

悪ことや

恥ずかしいことや

意地悪なこと

それらを自分の中にも

見て取れるとき、

「あ、あるなー」

って気づいたとき

あなたはそれをも内包する

もっと大きな

優しさと許しの存在になっています。

そのとき

苦しさを終わらせる

パラドックスが起こるのです。

関連記事

  1. そのフラフラは低血糖? トレーニング中のドリンクを 色々と試…

  2. 【首こり肩こり猫背の解消】 身体リセット セルフケア体操2

  3. 猫背さんと真っ直ぐすぎさん

  4. <若さはどこで判断される??>  

  5. It’s all so Christmassy!

  6. チャクラ(脳の概念)から見るカラダのこと 顕在化の力・お金…

  1. 2020.10.03

    減塩ブームの勘違い

  2. 2020.09.29

    みずから不幸を選んでる?!ヒトの心理的逆転と猫ちゃんの統…

  3. 2020.09.21

    摂食障害はココロの飢餓と依存の連鎖

  4. 2020.08.18

    後編 Honor your feelings. 職業「わ…

  5. 2020.08.15

    Honor your feelings. 仕事と生き方に…