体験のお申し込みはこちらから >

インナーチャイルドは手強い。 あなたはあなたを諦めちゃいけない

インナーチャイルドは手強い。

あなたはあなたを諦めちゃいけない

 
 
 

ココロとカラダがテーマのこの配信では

対処法や、メソッドやテクニック

というのはほとんど扱わなくなってきています。

枝葉の部分をいくらいじっても

知識をいくら増やしても

いずれは「それ」を生じさせている

自分の観念に目を向けていかないと

いつまでもリバウンドを繰り返すということを

長年の自分の経験と

クライアントを通じて、

万物の動きを通じて知るからです。

先日の配信で、

癒す・手放す・浄化する・統合するということを進めると

自分の根幹や本質にいきつくけれど、

一方で、そのプロセスすらも

気づきを100%今に向ければ

必要なくなる

ということをお話ししました

世の中にはいろいろな方法があって、

私もクライアントに

施術や指導をすることもあります。

ですが

セラピーや

トレーニングや

コーチングや

コンサルティングというのは

そのプロセスを進める手段であって

それ自体が「結果」を生むものではありません。

変化や変容という結果をうむのは

あなたにしかできない

あなたのかみさまの所業です。

あなたがあなたのかみさまなんだと

自覚したときそれはすでに起こります。

ですがその瞬間は一瞬で

そこに至るまでにはやはりプロセスというのもまた

必要でもあります。

なぜなら私は

「今に生きる」という言葉を体験するのに

おそらく20年くらいかかっています。

今に生きるというのは

古代から、様々な先人によって

多く語られてきましたが

理解しようとしても

理解を超えた「状態」ですから

いくら考えてもよく分からなかったんですね。

それが

自分の統合を進める最中で

自分自身を整える最中で

突然に気がつくんです。

なので一瞬の変容は

確かにたくさんの手段をめんどくさがらずやったからとも言えます

コンサルティングでも時々いらっしゃるケースで

・劣等感や自己肯定感に関する生きづらさ

・ダイエットに関する悩みや摂食障害、パニック・不安症など

それらの心理的葛藤の原因が

トラウマやインナーチャイルド、心理的逆転などにある場合

その中でも

インナーチャイルドが根っこの問題は

比較的大変で、長くかかることが多いです。

というのも

インナーチャイルドは

字の如く、

自分の中にいる

満たされなかった小さな自分自身の欲求で

まだ物心つかないころに

キョーレツに体験した

「自分は自分のままではいけない」

という恐怖が

すごく深いところに根ざしている事が多いからです。

なので言葉や概念として形成される前に

記憶にこびりついた恐れのため

「その体験」に気づいて認識する事が

とても難しいからです。

だから途中で

「もう嫌だ〜!どうして私は私が許せないんだろう!?!」

!!?

ってなるクライアントさんが多いです。

でも、

そんな厄介な

「こどもちゃん」が自分の中にいるのは

何よりのギフトだとも思うんですね

その子がいろいろなことを

あなたに教えるために

ずーっと内側で落ち込んだり

拗ねたり

泣いたりしてるんですから。

気がつかないふりをしていた時間分、

じっくり時間をかけて

仲良くしてみてあげたらいいと思うんですね。

自分の癖とか病気を治すのに

一回、薬を飲んだら治るとか

自分の今までの人生の怠慢を

100万円払ったら

チャラになる

と考える人も結構多くいるんですけど

それは対処やノウハウなどの

枝葉の部分しか通用しなくて

実際は

自分の根幹、本当の自分と付き合って

自分自身のかみさまになっていくのは

もっと地味でそんなにカッコよくもない

作業をコツコツしていくことです。

そして

ある日、

この現実よりも

輝く現実を写す鏡になろうと

決心することです。

先日

タコを釣ったクライアントさんが

タコをくれたり、

気がついたら冷凍庫に

自分で買った

タコがいっぱい入っていて

なんだかタコづいてるなあ

と思ったんですけど、

そのタコの産地が、

モーリタニア

って書いてあったんですね。

モーリタニアってどこだろうと思って

Googleに聞いたら、

アフリカにあって、

タコ漁業は、日本人が

かつてなんの産業もなかったモーリタニアに

7年かけて教え込んで、今や国を代表する大きな産業なんだそうです。

「へー!はるばるアフリカから我が家の食卓に・・」

っと思って行ったこともないモーリタニアに想いを馳せながら

タコを食べたんですけど

もぐもぐ。

7年。

7年て長いですよね〜

7年かけて言葉も肌の色も文化も違うそもそもタコを食べたことのない人たちに

タコの釣りかたを教え、それが産業と呼べるまで育てていく

すごい仕事ですね。

この日本人のかたがどんな想いを初めに抱いていたのかは

分かりませんが、

言葉も通じない

文化も違う

理解し得ない相手に

教えて育てる。

自分自身のことも同じように

7年くらい真剣に向き合うつもりでやってみたら

いいなって思うんですよね。

キャリアにしても

夫婦関係にしても

コンプレックスにしても

病気にしても

それくらい

焦らずに

でも目を背けずに

どの瞬間も

取り組んだら

きっと思ったより早く、簡単に

達成している自分がいます。

今日の話はまともすぎてつまらんね。笑

でもインナーチャイルドを抱える方は

「そんなもの存在しないよ!」じゃなくて、

まともすぎるくらい

まともに真摯に向き合ってあげることです。

関連記事

  1. 粉物食べ過ぎに要注意!

  2. 徳島でキャンプしてきました。

  3. ハイヤーセルフに繋がる方法

  4. トレーニングパフォーマンスアップには【湿度に注意ȃ…

  5. 忙しいあなたへ 優雅に過ごす秘密24時間の攻略。

  6. 会議や仕事、脳作業でパフォーマンスを落とさないために。

  1. 2020.10.03

    減塩ブームの勘違い

  2. 2020.09.29

    みずから不幸を選んでる?!ヒトの心理的逆転と猫ちゃんの統…

  3. 2020.09.21

    摂食障害はココロの飢餓と依存の連鎖

  4. 2020.08.18

    後編 Honor your feelings. 職業「わ…

  5. 2020.08.15

    Honor your feelings. 仕事と生き方に…