体験のお申し込みはこちらから >

チャクラ(脳の概念)から見るカラダのこと 顕在化の力・お金・存在に関する不安について

チャクラ(脳の概念)から見るカラダのこと

顕在化の力・お金・存在に関する不安について

ゴールドジムの原宿店は

近隣のジムがみんな自粛モードのため

カラダを整えたい〜という人で入会数が増えているそうで

全然いつもと変わらず混むそうですが

こんな時アスリート根は不動だな〜と思いました。

ゴールドジムは震災の時もやっていましたしね

そんなところが私はやっぱり好きですね

私個人とは無関係なんですが、
こちらの先生の話がウイルス学に長けているので
不安な方へお勧めということで
治療家のメンバー経由で巡ってきました。。
ここにシェアしておきます。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma

私は今回の件で
世の中大多数の本質が見え

大きく見ている世界が違うんだな〜

ってことをひしひしと感じた次第です

さて今日は

チャクラの見解から

カラダへの理解を

備忘録として

書いていこうと思います

私の言葉で説明するなら

チャクラとは脳と身体の部位をつなぐ概念です

大きな不安や存在を脅かされるトラウマチックなことが起きると

第1チャクラに影響が出たりすることが多いです

第1チャクラとは

下行結腸から直腸、生殖器を含む下半身、副腎、骨と言った部分に関連し

ここがアクティブな時は

物質の顕在化がスムーズに進みやすく

お金が巡るとか、

事業を生み出すとか

そう言ったことが行いやすいです

一方でここがバランスが悪いと

ふわふわ地に足がつかずに生きることになり

いつも精神病的であったり夢見がち

不安に取り憑かれやすく気性の変化が激しくなります。

上位チャクラからきたインスピレーションを

具現化し(生む・創造する・作る)

また上位へと昇華していく

ポート的な役割の場所でもあります。

チャクラはボルテックスのような円のエネルギーを表すものなので

一番回転が遅いルートチャクラが

落ち着いてないと

回転数の早い上位のチャクラが

空回りスピニングしちゃうわけです。

そうすると

いろんな問題が出てくる・・・

というイメージです。

で、ここまでのこれなんの話かといえば

<脳の話>なんですね。

第一チャクラは

会陰部にあるんですが

ここに対応し、直結していると考えられている脳が

視床下部(脳幹)を表します

視床下部っていうのは

無意識中の

身体のコントロールをしてくれてるところで

ここが狂うと

朝起きれないとか

時差ボケになるとか

不要な緊張が起こるとか

お金に囚われるとか

生存に関する不安が強くなる傾向にあります。

脳幹に直結しているので

トラウマやショッキングな出来事

というのは

「血の気が引く」と表現されるように

血流となって

奥の方に向かうんですね

これが集まるのが脳幹部です。

ここは本能を司る部分で

前頭葉が正しく処理できなかった恐怖というのは

ここに怖い記憶としてプーリングされ

ずーっと再生されます。

そうすると

自覚はなくても

身体はリアクションを起こすわけです

それがひどくなった状態がPTSD

などなどです。

つまり身体は危険じゃないのに

危険な時の状態のままにいる状態

っていうこと

なので第一チャクラが乱れてるとか

強化しよう

というのは

言い換えると

不安や恐怖の記憶を癒す・クリアリングする

と言い換えてもいいんですね

で、これは

臭いものに蓋をする

じゃないですけど

そのような理由で

トラウマ化してるものや

無自覚で根が深いものもあって、

解決していいタイミングというのもあるので

トラウマリリースは

必要に応じて行います。

色々なテクニックがあるので知っている方もいるかもしれませんが

遊び半分ではやらないほうがいいケースがあります

必要があってトラウマとなっていることもあるんですね

(トラウマを自覚すると、精神が準備不足で耐えられなくなる場合とか)

ですからちょっと危険だとお伝えしておきます

第一チャクラを強めたい時はまずは

まずはフィジカルを整えてあげることです

必要なのが

タンパク質(アミノ酸)をしっかり取ること!!

精神不安定になる人の食事は

アミノ酸が少ないことがとても多いので

しっかりと

タンパク源をバランスよく取ってください。

胃腸がよろしくない場合は

(これについてはのちの第3チャクラで説明しますね)

アミノ酸のサプリがいいでしょう。

そして深いゆっくりとした呼吸ができるよう

運動習慣で体を動かしていくことです

特に腰回り、股関節、骨盤周りの筋肉や関節に関して

アプローチをすると良いので

ゆっくりとした動きや、

重心を低くする動作、

足腰を鍛えるスクワットやダンスやヨガもいいですね。

ここが不安定な方は

神経質になる傾向があります

体型としては

下半身が元気が無くか細いか、

リンパや血流が下肢で滞ってしまい

むくんでいるケースも。

長年の月日をかけて作られた

自然の中に目を向けるというのも

とても効果的です。

次回は第2、第3チャクラについて

お楽しみに〜

 

関連記事

  1. あなたはどのタイプ?筋トレと認識タイプ

  2. 痩せるためのトレーニングはダイナミック <固太り、ずんぐりむ…

  3. 体験料金は義援金とさせていただきます。

  4. 「初心者がスピーディに筋肉をつけるトレーニング方法」

  5. 【女性が成功する、頑張らないダイエット】

  6. クライアントさんからの声【子作りにはダイエット】

  1. 2020.09.29

    みずから不幸を選んでる?!ヒトの心理的逆転と猫ちゃんの統…

  2. 2020.09.21

    摂食障害はココロの飢餓と依存の連鎖

  3. 2020.08.18

    後編 Honor your feelings. 職業「わ…

  4. 2020.08.15

    Honor your feelings. 仕事と生き方に…

  5. 2020.08.14

    天然素材でキレイをつくる