体験のお申し込みはこちらから >

人生マップとしてのチャクラ論 How to read own ‘wheels of life’.

How to read own ‘wheels of life’.

人生マップとしてのチャクラ論

今日はチャクラの続き。

人生のクリエーションと

錬金術の概念についての話です。

前回の配信の後、

トレッキングをして

山の頂上の神社まで行ったんですが

なんとものすごい靄に遭遇し

寒いのか暑いのかわからない

山のサウナの中を歩くこと数時間、

酸欠とめまいでふらふらに。

帰り道は晴れて

急に元気になったのですが、

その日の夜、

一気に38度まで熱が出て、

翌日けろっと治ってしまいました。

自分で治療をしようと思って

筋反射キネシオロジー検査をしたところ

松果体と頭頂骨から来ていたようで、

まさに山の洗礼を受けたようです。

一つ波動が整ったかな。


わたしは海が好きなんですけど

山の持つパワーをここ最近とっても

感じます。

いわゆるパワースポットと呼ばれるところ

聖地とか寺とか

聖者(人物ね)

とか

磁場のあるところ

というのは

本人が潜在意識に

持っているものが増幅されます。

不安が大きい人は

不安が出てくるし

整ってる人は

もっと整います。

聖者のいるすっごいパワフルな

お寺とかいくと

もう神経症の人なんか

ボッロボロ狂ったように恐怖で

泣き叫んだりしたりね

自分の抑え込んでるエゴの痛みが出てきて

向き合うことになっちゃうんですね。

一方で

多幸感で

酔っ払ったのかなっていうような感じで

踊り出しちゃう人とかいるんですね。

でも

普段それを無視している観念や理性を超えて

表層に出てくるから

向き合えるんですね。

それが癒しだし、浄化です。

だから治療とか

ダイエットとか

コーチングとか

お金の勉強とか

ヒーリングとかも

扱うものや形態こそは異なれど、

おんなじ仕組みなんですね。

しかもそういうスポットというのは

ご縁があったタイミングじゃないと

いけません。

つまり来たるべき時に

呼ばれるわけですね。

タイミングじゃない時って

どうやっても辿り着けないんですよ。

わたしの場合は

熱が出るくらいなんで、

まだまだ改善のプロセスなんでしょうね。

山って、

日の当たるところと

ずっと日陰のところがあるんですよね。

それを昔の人は

陰陽と名付けました。

切っても切り離せない

山の2つの側面です。

子供の目線からは

「山」は生きている

と言います。

山を一つの命の集合体として見た時

山に住む動物や

植物、有機物

全てを一つの命と見ることができます。

そのくらいの大きい視点を

抽象度が高いということができますし、

山の森の木々の根っこにある

小さな木の芽という一つの極小単位、

これを

具体度が高い

ということができます。

どの分野においても

この

大きな視点

と繋がって

小さな視点まで特定していく

そしてまた大きな視点に還元していく

こういうことを繰り返すんですね。

これ何かに似てませんか?

そうチャクラの概念です。

チャクラそのものを見た時それは確かに

ボディーパーツとのつながり、

対応する臓器や感情、脳

とのつながりなんですが

一方で

人生の流れ

としてのチャクラとして捉えると

私たちは

肉体を通じて

宇宙からのインスピレーションを

この世界に具現化し、

そしてまた世界へと昇華していく

この繰り返しを行っていることがわかってきます。

だからチャクラを整えるっていうことも

その部位を整えることと捉えるだけじゃなく

人生の流れ

として捉えることができるということです

それぞれを詳しく見てきたんですが

思うままに

一覧にするとざっくりこんな感じかな

=====

第1チャクラは(具体・存在)

存在や安全について、不安と安心の感情について

第2チャクラは(分離・統合)

人間関係やつながり、性的なことについて、怒りや許しの感情について

第3チャクラは(エゴ・肉体)

喜びや楽しみ、遊びや仕事について、食欲や意欲の感情について

第4チャクラは(エゴ・愛)

調和や社会性、愛について、自己愛、

慈しみや共感、情熱について、感情と思考の一致について

第5チャクラは(精神・肉体)

コミュニケーションについて、思考と行動の一致について

第6チャクラは(精神・抽象)

インスピレーションについて、自己コントロールについて、感情と行動の一致について

=========

具体的な脳の機能と対応する内臓とで

まとめてきました。

で、この

先が

第7チャクラ(抽象・空)と言って

インスピレーションと繋がっていく部分になるんですけど

この1〜7の

間を私たちは

自由自在に行き来できるほど

人生の自由度が上がるっていうことになります。

■上チャクラ

こんなことやりたい!(ひらめく)

それって楽しそう(感じる)

一緒に実現しようよ(つながる)

実現させる(具体化する)

■下チャクラ

という抽象から具体への流れと

■下チャクラ

生み出しちゃった!(具体)

分かち合いたい(つながる)

幸せだな〜(感じる)

他の人のインスピレーションにつながる(還元)

■上チャクラ

という具体から抽象への流れです

この流れをなんらかの理由で

どこかが過剰でどこかが元気がなかったり、

上のチャクラが下のチャクラを押しつぶしたり、

恐れやトラウマ、病気などの理由で

滞らせていると

思うことが実現しない

対応する内臓や感情が癒えない

人生がスムーズにならない

なんてことがあるというわけです。

だから

そういう意味では

チャクラを概念として理解しておくと

チャクラそのものを癒すか

どうかがということよりも

自分の人生において

流れをもっと良くすべき部分ってなんだろうな

何が本来あるべき豊かさの流れをせき止めてるんだろう

癒すべき部分や

見つめ直すべきことってなんだろう

って見つめることができます。

だからね、

ツールとしては

とってもいいです。

理解できていくほどに

バランスが整っていくほど

この上昇の流れ、

下降の流れを自在に扱えるようになります。

深く掘り下げてよかったな〜

ていうことの一つです

なのでチャクラについて

ここまで長々と何回にもわたって書いてます。

つ・づ・く

(気が向いた時に)

関連記事

  1. 体を変えるスクワットの足幅は?

  2. 二の腕まわり・余分なたるみや贅肉を引き締めたい!

  3. 永遠のテーマ・逆三ボディを作る背中の広がり! 【まっすぐなバ…

  4. 身体リセット セルフケア体操1 深い呼吸をする

  5. <かっこいい身体を作るトレーニング 上達の鍵はグリップ(握り…

  6. 全部達成するために一つに絞る。

  1. 2020.10.03

    減塩ブームの勘違い

  2. 2020.09.29

    みずから不幸を選んでる?!ヒトの心理的逆転と猫ちゃんの統…

  3. 2020.09.21

    摂食障害はココロの飢餓と依存の連鎖

  4. 2020.08.18

    後編 Honor your feelings. 職業「わ…

  5. 2020.08.15

    Honor your feelings. 仕事と生き方に…