体験のお申し込みはこちらから >

猫背さんと真っ直ぐすぎさん

Got a good posture?

セラです。
まっすぐ過ぎさんになってませんか?

「真っ直ぐ立って見てください」

というと
ほとんどの人が真っ直ぐ立てません。
そもそも
真っ直ぐってなんでしょうか?
 

体の自然な真っ直ぐと
無理やりの真っ直ぐは必ずしも
同じではありません。

時々いらっしゃるのが
真っ直ぐすぎさん。
一生懸命まっすぐに胸を張ろうとして、
腰を痛めてしまう方。
 

自分では姿勢がいいと
思ってる場合が多いため
要注意なんです。

反り腰、腰痛、
背中が張ってる方などもそうです。

ぐっと腰が入ってしまい、
腰が張ったり、
腰痛予備軍になっていて
前屈などがとても硬いという人に多いです。
 

そのような場合、お腹に力が入らず、
力が発揮できないため、
重たい重量でのトレーニングができないことが多いです。

真っ直ぐすぎさんは
トレーニングの順番は
<まずお腹かから>

また同時に腹筋や体幹を鍛えながら、
背中の柔軟性を出すことです。

トレーニング動作では
みぞおちを丸めるくらいのつもりで、
ブリッジはかけずに行うのが良いです。

アームカール、
サイドレイズなども腹筋を意識して
お腹に力を入れて行うことが重要となってきます。
みぞおち、
へそ下から力を出す意識をして行きましょう。
 

このシーズン師走で忙しかったり
いつもとは違って忘年会や新年会など
疲れが溜まりやすくまた冷える時期なので
何かの拍子に腰を痛めやすいので要注意です。

Strike a pose!
 

関連記事

  1. トレーニングを始める 男女が最初に目指すべきポイント 「全力…

  2. 体を変えるスクワットの足幅は?

  3. 「簡単!シンプル!3つの呼吸のリズム」ストレッチの呼吸 

  4. スペシャル★レシピで筋肉サイズアップ・ダイエット【ちょっと変…

  5. <カッコイイ身体づくりに大事なこと・その2>寝たきりがいない…

  6. チャクラ(脳の概念)から見るカラダのこと 顕在化の力・お金…

  1. 2020.07.03

    自分を好きになるには、 自分のネガティブに気づくことだ…

  2. 2020.06.28

    メッセージ:想像しうるものはすべて 今ここで起きている…

  3. 2020.06.25

    不安神経症からの脱出 ビジネスをもっと楽しく、遊びに変…

  4. 2020.06.24

    あなたが本当にやりたいことはなんだろう?

  5. 2020.06.23

    インナーチャイルドは手強い。 あなたはあなたを諦めちゃ…