体験のお申し込みはこちらから >

猫背さんと真っ直ぐすぎさん

Got a good posture?

セラです。
まっすぐ過ぎさんになってませんか?

「真っ直ぐ立って見てください」

というと
ほとんどの人が真っ直ぐ立てません。
そもそも
真っ直ぐってなんでしょうか?
 

体の自然な真っ直ぐと
無理やりの真っ直ぐは必ずしも
同じではありません。

時々いらっしゃるのが
真っ直ぐすぎさん。
一生懸命まっすぐに胸を張ろうとして、
腰を痛めてしまう方。
 

自分では姿勢がいいと
思ってる場合が多いため
要注意なんです。

反り腰、腰痛、
背中が張ってる方などもそうです。

ぐっと腰が入ってしまい、
腰が張ったり、
腰痛予備軍になっていて
前屈などがとても硬いという人に多いです。
 

そのような場合、お腹に力が入らず、
力が発揮できないため、
重たい重量でのトレーニングができないことが多いです。

真っ直ぐすぎさんは
トレーニングの順番は
<まずお腹かから>

また同時に腹筋や体幹を鍛えながら、
背中の柔軟性を出すことです。

トレーニング動作では
みぞおちを丸めるくらいのつもりで、
ブリッジはかけずに行うのが良いです。

アームカール、
サイドレイズなども腹筋を意識して
お腹に力を入れて行うことが重要となってきます。
みぞおち、
へそ下から力を出す意識をして行きましょう。
 

このシーズン師走で忙しかったり
いつもとは違って忘年会や新年会など
疲れが溜まりやすくまた冷える時期なので
何かの拍子に腰を痛めやすいので要注意です。

Strike a pose!
 

関連記事

  1. [NEW] 2018年7月・8月ご予約状況

  2. 今日はオフDAY!自宅でシックスパックプログラム販売開始!

  3. フルグラは健康食品じゃない。成功するダイエットは筋肉をつける…

  4. <腹筋が割れて来ない! 6つのシックスパックを作るには>

  5. 湿度や低気圧での疲労を防ぐには?

  6. 表参道ゴールドジムで撮影

  1. 2020.10.03

    減塩ブームの勘違い

  2. 2020.09.29

    みずから不幸を選んでる?!ヒトの心理的逆転と猫ちゃんの統…

  3. 2020.09.21

    摂食障害はココロの飢餓と依存の連鎖

  4. 2020.08.18

    後編 Honor your feelings. 職業「わ…

  5. 2020.08.15

    Honor your feelings. 仕事と生き方に…