体験のお申し込みはこちらから >

<筋肉の長さで考える> 太い腕を作るアームカール編

<筋肉の長さで考える>
太い腕を作るアームカール編

重たいバーベルをブンブンしてるのに
一向に腕が太くならない、、、
そういう方はフォームに問題があります。

自分にあった筋肉の長さで
可動域を考えることが大切と
スクワットを例に書きました。
 

関節の可動域全てで動くことを
フルレンジと言いますが
 

筋肉が短い人はフルレンジが逆効果です。
 

体をデザインして
シェイプしていくためのトレーニングでは
狙った筋肉に効かせることが大切です。 
 

なので筋肉の可動域を考えることが大切です。
 

例えば

アームカールでは、
ダンベルを握り、片手で
肘に近い二の腕を触ります。

ダンベルを上げていくと
力こぶにモリッとなる
筋腹(盛り上がる部分)が見つかります。
 

そこがスタート地点。
  

そこから、
腕を曲げて行くと
真ん中あたりで重たくなって、
最後は力こぶ全体から
力が抜けるポイントに到達します。
 

そこまでの範囲というのが
あなたの筋肉にあった可動域
ということになります。
 

書くと難しく感じますが、
実際動かしてみれば簡単です。
 

動かしてみて、
筋肉に力が入る範囲を見つける。 
 

その範囲があなたの
筋肉を最も発達させる可動域です。
 

太い腕を作って行きましょう💪

関連記事

  1. 食事のコントロールと思考の関係

  2. メキメキ進化!春になりました。夏までに体づくり始めましょう

  3. ディズニーシーの徹底したおもてなしに感激。

  4. トレーニングを始める 男女が最初に目指すべきポイント 「全力…

  5. 身体リセット セルフケア体操1 深い呼吸をする

  6. 50代は余力を残せ!日常生活で痩せる秘訣。

  1. 2020.10.03

    減塩ブームの勘違い

  2. 2020.09.29

    みずから不幸を選んでる?!ヒトの心理的逆転と猫ちゃんの統…

  3. 2020.09.21

    摂食障害はココロの飢餓と依存の連鎖

  4. 2020.08.18

    後編 Honor your feelings. 職業「わ…

  5. 2020.08.15

    Honor your feelings. 仕事と生き方に…