体験のお申し込みはこちらから >

<ヘルシーに騙されない・プロテインの選び方>

 

プロテイン目利きになる!

減量・ダイエット、引き締めに、

大豆プロテインや豆製品がよく取り上げられます。

日本では身近に手に入る

薬局のプロテインとかほとんどなぜか大豆です。

  
  

引き締め用、女性用などは
 
「大豆」というイメージがなぜかあるようですが、

大豆はお腹がゴロゴロしたり

合わない人も多いです。

 

消化吸収も優れていません。

今は美味しく飲みやすいプロテインがあるのに、

なぜか大豆が一般の人にはウケがいいのか

イメージ戦略されてると思います。

   
  
  

大豆製品はヘルシーと言われますが、

本来「ヘルシー」とは「健康的」という意味ですが

日本の多くの「ヘルシー」という言葉は

・カロリーが低い、

・脂質が少ない、

ことだけを指す場合がほとんどです。

  
  

体づくりで大切なのは、

体にとって健康かどうかです。

吸収、消化の良いもの=体に優しい
  
カロリーに対して
 
栄養のバランスや密度が高いもの=体が嬉しい

が本来「ヘルシー」なのです。
  
    
   
   

体が喜ぶものを取ると

体はエネルギー効率が良くなるので、

筋肉の合成が進みます。←ここ大事!

そして余分なものを溜め込まなくなり、

脂肪は燃えやすくなります。

   
   

大豆プロテインや、

カゼインプロテインは

半世紀前のサプリメントって感じです。

  
   
   

 
しかも、、、しかもですよ

結構イイお値段で売られていてびっくりします。

某大手ジムなどでも、、、

今の時代に大豆、、、?って感じです。

   
  

効率良いサイズアップにも、

ダイエットにも、

・消化吸収が良いホエイプロテイン
(アイソレートタイプのもの)や
  
・タンパク質含有率が高い

・植物性なら穀物プロテインをお勧めします。

・カゼインも良くないです。

 

取りすぎると乳糖アレルギーを起こしやすく

(日本人は乳製品に含まれる乳糖が合わない人が多い)

  
   
  
 
ホエイがそもそも無理、という人は

ホエイペプチドに変えてみるのもありです。

  
 

プロのプロテイン目利きになる

目安はですね、

・パウダーがサラサラ
・溶けやすく
・のどごし良し、泡立ちも良し
・うまい

です。

 

サプリは

「補助」食品なので

適材適所で使っていくのがポイントなのです。

 

関連記事

  1. 痩せるためのトレーニングはダイナミック <固太り、ずんぐりむ…

  2. 全部達成するために一つに絞る。

  3. コアの変容ー現状維持から抜け出す

  4. 怒りの対処法 林セラのつぶやき

  5. しなやかでカッコイイ体・胸の発達に欠かせないもの・その1 【…

プロフィール

公式Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: The account for sera.gymcat needs to be reconnected.
Due to recent Instagram platform changes this Instagram account needs to be reconnected in order to continue updating. Reconnect on plugin Settings page

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

  1. 2020.07.03

    自分を好きになるには、 自分のネガティブに気づくことだ…

  2. 2020.06.28

    メッセージ:想像しうるものはすべて 今ここで起きている…

  3. 2020.06.25

    不安神経症からの脱出 ビジネスをもっと楽しく、遊びに変…

  4. 2020.06.24

    あなたが本当にやりたいことはなんだろう?

  5. 2020.06.23

    インナーチャイルドは手強い。 あなたはあなたを諦めちゃ…