体験のお申し込みはこちらから >

筋トレのメリット 大切なのは実年齢ではなく体力年齢

おはようございます🌞

筋トレブレイク A coffee with Sera ☕️

 

筋トレのメリット 大切なのは実年齢ではなく体力年齢

「筋トレが人生を良くする20のこと」

運動不足、体力が落ちてる、引き締まりたい、、、

お正月明けは特に体がだるーく感じたりしますよね。

セラは数年ぶりにお正月を満喫し、

かなり身体も心も休息できました。

でもやっぱり4日くらいまともに運動してないで、

食べてゴロゴロしていると

トレーニングを再開するとき

結構最初がきついんです。

体が鈍くなってるんですよね。

神経系が鈍い。

だからトレーニングの中盤くらいから

ちょっとずつ力が戻るかんじ。

これが1ヶ月くらい空くと、

初日はたいして動かなくても

翌日ぐったりします。

運動を始めるとまず神経系が発達し、

その周りに筋肉がつきます。

逆に運動をやめると神経系から衰えて、

筋肉が減るのはその後です。

少しタイムラグがありますね。

長年運動をされてないという方は、

ジムに行くのも結構気が重たかったりすると思います。

「健康にいいのはわかってるけど、、、、」

「いまいち自分と繋げて考えられない」

「できたらとっくに始めてる」

そういう方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

まずはジムへ足を運んでみる。

大手スポーツクラブなんかは

基本的な器具の使い方を教えてくれます。

無料のレッスンも沢山あります。

それらは正直、

結果につながる方法かどうかは、

トレーナーの力量やマニュアル次第なので、

効果はお約束できませんが、

ジムの雰囲気を見てみるのはとてもいいと思います。

 

ストレッチやウォーキングから入り、

ちょっとウェイトを持ってみましょう。

トレーニングの経験がない方や、

正しいフォームで結果を出したい

ボディメイクや身体機能を高めたい

一人で通うのは勇気がいる、

体力年齢を若返りたい

自分でやっても楽しくない、

男性向けに特化したトレーニングを受けたい

何をやっていいかわからない

そのためにパーソナルトレーナーをつけるという選択肢があります。

初めからパーソナルを予約して、

サボれないようにする力技!もありです。

 

実際にトレーニングやフィットネスが

健康にどのようにいいことがあるのか

具体的にしてみましょう。

 

筋トレバカ(笑)の私からすると、

筋トレをする

メリットは無限にある!

と言いたいところですが、

とりあえず20個出して見ます。

  1. 寿命を延ばす
  2. 筋肉がつく
  3. 筋力がつく
  4. スタミナ、持久力が付く
  5. 疲労軽減、体力がつく
  6. 前向きになる、悩まなくなる、落ち込まない
  7. 骨が強くなる
  8. 脳内ホルモンが出る、高揚感、充実感を得る
  9. 良く眠れる
  10. 自律神経が整う (不調がなくなる)
  11. 肩こり、首こり、腰痛が改善する
  12. 心拍数が抑えられる
  13. 糖尿病、空腹時低血糖のリスクが減る
  14. コレステロール値を下げる
  15. 高血圧のリスクが減少する
  16. 心臓疾患(心筋梗塞など)リスクが減る
  17. 成長ホルモンが出る(若さ、肌のハリ、アンチエイジングホルモン)
  18. 血管が若返る
  19. 柔軟性が増す
  20. 関節可動域が増す(関節がしなやかになる)
  21. 体重をコントロールできる
  22. 体脂肪が減る
  23. 集中力が増す
  24. 腎臓疾患の危険が減る

20超えてしまいました。。

無限に出ますね!!

つまり内面にも、

精神面にも、外見にも 変化を起こす

トレーニングが与える効果は計り知れません!

自信がみなぎる

ハイパフォーマンスを実現できる

そんな体が1週間に1、2回のトレーニングでも手に入ります

 

みなさん「体力年齢」という言葉をご存知ですか?

50代でも40代、30代のバイタリティを持った方もいれば、

セラがトレーニングを始めるきっかけになった

身体を壊した頃のように、

20そこそこで、おばあちゃんの体力(推定50後半)

になってしまう場合もあるんです。

 

一般的な体力の低下を表すグラフを作成しました。

運動をすることで

年齢とともに下がる体力を劇的に向上することが可能なんです。

 

体力や身体能力を測定し、実年齢とは異なる

体力年齢を知ることができます

(体内年齢は異なります。体内年齢とは体脂肪率や筋肉量、代謝で決定するものです。)

セラの場合は病気に近い状態だったので、特別かもしれませんが、

通常は若いうちはさほど差はなく、

また学生時代は活発に運動する人も多いこともあり、

体力年齢に極端な差は生まれません。

しかし年齢が高くなっていくと、

実年齢が同じ60歳でも

30代の体力年齢の方もいれば、

80歳の体力年齢の人もいる

ということが起こり得るのです

 

同窓会とかいくと、差が顕著にわかるかもしれませんね、、、

 

昔と全然変わらない

いやむしろ、

今の方が充実してそう

女性陣からも視線が熱い、

異様に元気な方もいれば

もうすっかりおじいちゃんみたいだな〜っていう人もいるんじゃないでしょうか。

 

↓こちら花王さんから借りてきました

出展:食と健康ナビ 

イラストが、お、恐ろしいグラフですね、、、。

 

みなさんも、

お正月のなまった身体を動かして

体力年齢をあげ、

週1〜2回の筋トレをするだけで

得られるメリット

手に入れてくださいね!

 

今年こそ!

ハイパフォーマンスなカラダを手に入れて、理想の生活を送りましょう。

今すぐに問い合わせる

 

 

関連記事

  1. 3倍努力、3時間早起き、3分ヨガ

  2. むくみの原因パート2 仕事の緊張や会議の前、移動や旅行でむく…

  3. 肉体改造とプロのゲームの世界「国際大会で失うものはないと思え…

  4. 落ち始める脂肪はいつだって柔らかい「プニプニ」は落ちやすい …

  5. 怒りの対処法 林セラのつぶやき

  6. 【新常識】 ケガの処置も進化している ネコに気を取られて転倒…