体験のお申し込みはこちらから >

綺麗な小麦肌を作るワンポイント【夏場も冬場も日焼けにはニベアの青缶】

黒セラです。

あんまりにも肌が白いので
日焼けしました。
ハワイの太陽を思い浮かべながら・・☀️
ハワイ行ったことないけど。
 

このシーズンは
日焼けする人は少なめで
マシンの予約がスイスイ取れます。
 

小麦肌だと引き締まって
見えやすいです。
筋トレしてるから、
小麦肌をちょっと楽しみたい!
という人は日焼けの時のポイントを押さえましょう。
 

私のように肌が白い人は
日焼けは最初は弱いマシンで5−10から始め、
徐々に下地を作ってしっかり焼くのがオススメです。

マシンに入る前に
ニベアの青缶を塗りたくります!
保湿効果もあってムラなく焼くのに
安いしよく伸びるのでジェルより便利です。
ダンベルを握った後の手のマメ防止にもいいです。
 

マシンで焼くほうが日光よりも
やはり綺麗でお肌に負担は少ないですが
それでもお顔は焼かないほうがいいかなー
という気がします。
 

夏に焼くと冬場はカサカサ肌になります。
焼いたすぐあとは
一時的に肌から水が抜け、
それを戻そうとして結構むくむのと、
日焼けは短期間で焼くと結構疲れるので
何かイベントなどに向けて肌を焼く人は
数日前までに日焼けをしておくほうが良いです◎

焼きすぎてヒリヒリしてしまったら
すぐに冷やしましょう‼️
 
寒いシーズンにも体脂肪を減らしたい
筋肉をかっこよく見せたいという人には
オススメです。

関連記事

  1. 「簡単!シンプル!3つの呼吸のリズム」ストレッチの呼吸 

  2. 今年の目標 真剣に全力で楽しみながら取り組む!

  3. 丸みのある肩・肩はばを広げるためのポイントとは

  4. 私のパッション

  5. 「おじさん」を食べました。

  6. カラダづくりは不純な動機で始めましょう🎶  …