体験のお申し込みはこちらから >

落ち始める脂肪はいつだって柔らかい「プニプニ」は落ちやすい その④

さてプニプニシリーズも最終話です。

このタイトルでこのサイトをご覧いただく方がとても多いようなので
特別に実際に脂肪を落としていくステージについてまとめました。
食事やエクササイズ特典についてはメルマガから手に入れてください。
登録フォームはこの記事の一番最後↓

前回の記事はこちら⇨
落ち始める脂肪はいつだって柔らかい その①
落ち始める脂肪はいつだって柔らかい「プニプニ」は落ちやすい その②
落ち始める脂肪はいつだって柔らかい「プニプニ」は落ちやすい その③

 

セラです。

 

さて、脂肪が落ちる仕組みが理解できてきたでしょうか?

ダイエットや減量で一喜一憂するストレスを減らすことは
ずっと体づくりを楽しいものにしてくれます。

自分の体を自分で判断できると旅行や出張先でも食事のコントロールなどやりやすいですね。

さてでは

かたーい冷えた脂肪の詰まったお肉が

ある食事と正しい筋トレによって柔らかくなってきて
脂肪は減ってゆき、水分も減って、、数値も減った!見た目も変わった!

 

ここで安心するなかれ・・・・!!!

 

ここで元どおりの生活に戻ったら
リバンドまではいかなくとも
すぐに戻ってしまいます。
まだ「太りやすい」体質のままです。

なぜなら脂肪細胞はまだそこにあるからです。

 

これが先ほどのリバウンドの話とも関係するのですが

リバウンドしたり極端な増量、どか食いで短期間に太ると
脂肪細胞の数が増えます。そうすると

なんとなく想像ができますかね。
ダイエットで減らすのはとっても大変なんです。

なので脂肪細胞自体を極端に増やすのはお勧めしません

中が空になっても、過度な栄養が入ってきたら元に戻りやすいです。

ではどうしたらいいのか・・・

 

脂肪細胞を空にして、

リバウンドをしない体にするには

それは筋トレのバージョンアップです!

つまり目標数値まで脂肪がなくなったら、
細胞が枯渇するまでは筋トレのアプローチが必要なのです

と言っても筋トレって何すればいいの・・

筋トレってしんどいでしょ・・

どうせ続かないよ・・・

と思うかもしれませんね。

なので脂肪を柔らかくして
一日5分で脂肪細胞へアプローチする方法をまとめました。

脂肪を柔らかくしてリバウンド体質にならない方法、
詳しくはこちらで解説しています。
特典解説もあるので、手に入れてください、
 
登録はこちらから↓
『(無料)読んだら、ふぃっと!セラトレメルマガ』

関連記事

  1. No excuses! 言い訳しないカラダづくりって素敵

  2. 強度を上げたいときにもオススメ◎ お尻を丸くする!ノンロック…

  3. 中高年・動けるカラダに肉体改造 お腹周りぽっこりの原因

  4. 「簡単!シンプル!3つの呼吸のリズム」ストレッチの呼吸 

  5. チャレンジと決意