体験のお申し込みはこちらから >

減塩ブームの勘違い

減塩ブームの勘違い

 

 

 

セッションにくる方へ

必ずと言っていいくらい

確認していることがあります

 

 

それは

どんなお水を飲んでいて

ちゃんとしたホンモノのお塩をとっていますか?

ということ

 

 

 

お塩は皆さん何を使っていますか?

とってもこだわってる!

っていう方から

特に気にしてない

という方もいると思います

 

 

お塩は

カラダとココロに

もっとも大事な栄養素の一つです

 

 

なぜなら

ホンモノの塩は

細胞に栄養を筋肉へと送り込み

私たちの

カラダの血液や体液のバランスを

保ってくれるからです

 

 

塩と

水は

命の源

と言っても

決してオーバーではないんです❣️

 

 

 

そして、、

 

あまり世間一般には

 

まだまだ理解されてないですが

自分の『内側』の世界こそ、

現実だと

認識して生きる、

 

霊性に目覚めた人たちにとっては

 

とても重要なのが

 

 

体液を含む

この世界の

全ての水は

『情報』のデータベースだということ

 

構成成分と

水の波動

そして塩は

その伝達・媒介を行います

 

 

ですので

ヒーリングセッションをスムーズに

行うためにも

水と塩は

マストなんです。

 

 

ですが

世の中減塩ブームですよね

『お塩ってよくないんじゃない?』

って思う方もいるかもしれません。

 

 

実は

取りすぎが良くないのは

精製されてる添加物のお塩のことで

 

 

天然のミネラルが主成分のそのままの塩は

たっくさんとっても大丈夫なんです。

 

 

むしろ

足りてない人の方が

現代は多いくらいです。

 

ホンモノのお塩は

たくさんとっても

負担にならず

カラダが勝手に

排泄して調整してくれるので

取りすぎになることって

まず、

ないんですね。

 

 

わたしは

毎日

お水に入れて、

お料理に、

果物にかけて

重曹と混ぜて歯磨きに

塩をたくさん使います。

 

 

肌荒れや

アトピーで悩む方にも

天然のお塩は大変おすすめです。

 

 

いろんなところの塩を旅行などに行くと

買ってくるのですが

その中でも

 

クオリティの高く

使いやすくて、

優しい味わいの

 

 

ネットなどでも

手に入りやすい

いくつか好きなお塩があります。

 

 

まずはこちらの『天日海塩』🌺

お塩ちゃん、で検索!

これはクライアントさんにも大好評のお塩です

さらさらしいていて

「え、あまりしょっぱくない!!」と皆さん驚かれます。

なんとオーストラリアの塩なんですが

沖縄で処理して北海道で販売してます

 

よく分からなくてすごい・・!

みずに入れて飲んでも飲みやすい😸

 

 

 

もう一つは

この綺麗なパッケージのお塩『海の日記』

こちらより

これまたパッケージがエメラルドグリーンで可愛くて🌊

しかもお塩に「海の日記」って

素敵すぎる✨

 

こちらは岩塩が海に溶け出したものなので

なんだか

味わい深く

いろんな味がします。

 

歯磨きや

お料理やサラダにおすすめ❣️😄

 

産地は中国なのですが

お塩の

クオリティ的にはとてもいいです

 

 

中国ってフローライトとか

鉱石もたくさん取れますよね〜〜

 

あと、お塩は他にも

魔除や清めに使えます。

 

 

セッションの後や

理由なく疲れた時は

清めのお風呂や

盛り塩にも◎

 

 

Seraセラピーでは

お塩をはじめ

クリスタルや

唯一無二のヒーリングストーンなど

魔法のアイテムたちも

販売もしてますので

まずは少量を試されたい方はぜひ〜!💎✨

今日は

おすすめアイテムでした♪

 

 

 

関連記事

  1. ドカ食い防止の食べ物って??

  2. ダイエットと筋肉は貯金できる  

  3. ポジティブ・セラトレ1 楽しみながら体を変える 筋トレ嫌い・…

  4. バランスの意味。

  5. くびれ作りや腹筋の強化には・・

  6. 集中の効果で筋肉がつく

  1. 2020.10.03

    減塩ブームの勘違い

  2. 2020.09.29

    みずから不幸を選んでる?!ヒトの心理的逆転と猫ちゃんの統…

  3. 2020.09.21

    摂食障害はココロの飢餓と依存の連鎖

  4. 2020.08.18

    後編 Honor your feelings. 職業「わ…

  5. 2020.08.15

    Honor your feelings. 仕事と生き方に…