体験のお申し込みはこちらから >

筋トレしてても、体脂肪が減らない?回数をこなしているかチェックしよう

春ですね〜🌸

夏は目の前!

引き締めようと

ジムに入会する人も多いシーズンです。

 

カッコイイ身体作り専門トレーナーの林です。

「自分にあったメニューがわからない、、」

「筋肉を増やしながら、絞りたいけどうまくいかない」

「やってるのに、一向に引き締まらない」

 

女性に比べて

男性の方は、

自分で考えて、能動的に行う方が多いので、

手取り足取り、ということはあまりありません。

林の役目は間違った情報を改めることや

方向性の修正だったりします。

 

メニューの組み方もバリエーションが色々あります。

回数や、強度(重量)、インターバルを

それぞれ組み合わせて、目的に合わせたメニューを提案します。

実は回数や、強度、インターバルやセット数により、

体つきのタイプは大きく変わって来るのです。

今日は

回数と重さで異なる見た目の関係、

引き締まった機能的な体を手に入れる、

目的に応じたメニューのヒントを

ボディメイクの知見からお伝えしようと思います。

 

 

◆十進法にとらわれない◆

トレーニングで同じ動作を繰り返すことを1レップ、2レップ、と数えます。

日本は十進法でわかりやすいため「10回やりましょう!」ということが多いですが、

 

海外では12−15レップくらいで行う人がプロでも多いです。

10レップだったら、それが1セット。

3セットやりましょうと言ったら、

間にインターバルをとって、3回行うということです。

 

 

 

 

筋肉を増やそう、

大きくしよう

とすでに

ある程度ジムでしっかりトレーニングしている方で

 

いまいち、体が変わって来ない。

筋肉は増えてるけど

脂肪が減らない

 

という方。

 

回数はどれくらいやってますか?

トータルのセットはどれくらいでしょうか?

私はトレーニングをある程度習慣化できた方には

サイクルトレーニングをオススメしています。

(パワーリフティングのサイクルではないです)

冬にたくさん筋肉と脂肪を増やし、

夏に向けて脂肪だけを落とす

という増量と減量でざっくり考えるのではなく、

1年を通して、小さなサイクルを組んで

筋肉に新しい刺激を入れていく方法です。

1−2ヶ月で、メニューを更新して行きます。

 

◆目標に応じた計画的なメニューの組み方が大事◆

例えばの例ですが、こんな感じ。

(RM=レップ、回数

SEC=秒数

MIN=分数)

バルクをつける期間はこんな感じで、

一回のトレーニングで、

特定の部位を強度にバリエーションをつけ、

刺激して行きます。

パワーも伸びますね。

ただこれは週に何回もできる人向け。

 

対してこちらは、一回のトレーニングで、

色々な部位をどんどん動かし、刺激を与えて行きます。

筋肉もしっかりつくのと、燃焼効果が高く、

体が必要以上に重くなることもありません。

動ける筋肉をつけたい人にもオススメです。

 

林のトレーニングではそのかたの目的やライフスタイルに沿って、

メニューを組んでいます。

また、必要に応じて、変えて行きます。

 

 

◆トレーニングの総量で引き締める◆

特に40代をすぎて来ると、

バルク(筋肉の大きさ)を求めて

高重量を求めるトレーニングばかりだと、

怪我や疲労に繋がります。

また、フォームが正しくできていて、

効いてないと

回数が少ないため、

筋肉をしっかり追い込めません。

すごい重たい重さでやってるのに、

強化したい部分に全然アプローチできてない

ということにも繋がります。

10回3セットだけでやってる人は

1−2ヶ月の間、

セット数、回数を大幅に増やしてみます。

15レップ、4〜5セット、一回のワークアウトで

トータルで10〜20セットくらい増やしてみる。

そうすると

普段使わない部分まで刺激が行き、

動員する筋肉も増えます。

細かい部分まで追い込むことが可能で、

結果、

神経系の発達、

筋肉の密度や血管系の発達

動作の改善、

脂肪燃焼を促進できるんです。

もちろん扱う重さは減りますが、

1、2ヶ月後、元のメニューに戻しても

パワーの低下はそれほどないです。

短期間で締まる体を手に入れたい方は試してみてください。

 

筋トレしてても、体脂肪が減らないなあ

見た目が変わらないなあという方は、

ボリューム不足に陥ってる場合があります。

トレーナーに相談し、

回数をこなしているかチェックしてみましょう。

関連記事

  1. たるみ・贅肉のない腹筋。50代の説得力は、無駄のなさ。 

  2. 食事のコントロールと思考の関係

  3. 完璧主義は成功しない/クライアントさんの変化

  4. くびれとお尻の関係 hands on hips!

  5. 忙しい時ほど食事管理でパフォーマンスを向上。パワーフードメニ…

  6. 「食事のコントロールができません」

プロフィール

公式Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: The account for sera.gymcat needs to be reconnected.
Due to recent Instagram platform changes this Instagram account needs to be reconnected in order to continue updating. Reconnect on plugin Settings page

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

  1. 2020.07.03

    自分を好きになるには、 自分のネガティブに気づくことだ…

  2. 2020.06.28

    メッセージ:想像しうるものはすべて 今ここで起きている…

  3. 2020.06.25

    不安神経症からの脱出 ビジネスをもっと楽しく、遊びに変…

  4. 2020.06.24

    あなたが本当にやりたいことはなんだろう?

  5. 2020.06.23

    インナーチャイルドは手強い。 あなたはあなたを諦めちゃ…