体験のお申し込みはこちらから >

<逆三角形ボディを作るには ナデ肩さんもイカリ肩さんも〇〇が大事>  

<逆三角形ボディを作るには
ナデ肩さんもイカリ肩さんも〇〇が大事>
 
 

ナデ肩・イカリ肩になる理由として
背中の筋肉のバランスについて着目されがちです

 
背中の上が強いイカリ肩
下が強いナデ肩
 

強い=緊張しているので、
緊張を緩ませれば肩が下がる
肩こりが治る
 

 
などと書いてあることが多いのですが
実はそうではありません!
 
 

コリというのは
「伸びすぎて緩んでいる」時に一番起こるのです。
 
 
ゴムが伸びて細くなった時
流れが悪くなり、組織が硬くなります。
それが肩こりです。 
 
 

体は、上下で見るだけでは解決しません 
  

トレーニングについても同じことが言えます。
3D(立体)なので、前後で見ることも大切なのです。
  
 

ナデ肩・イカリ肩タイプを見ると
それぞれ肩の位置が違うことがわかります。
  
 
ナデ肩さんは
肩が前

イカリ肩タイプは
肩が体の真横にきています。
 

 
肩の位置を決めるのは肩甲骨周りの筋肉です。
 

その中でも、
・棘下筋(きょっかきん) 
・肩甲下筋(けんこうかきん)
 
のバランスを変えることで
肩の位置を変えることが可能です。 
 
 

・肩をトレーニングしても肩が大きくならない
・背中を鍛えてもガッシリしない
 
 

という人は肩の位置をコントロールできると
肩のトレーニングがしっかり効きます。
広がった胸板、背中の厚みや広がりを作っていけます。
 

肩甲骨の
・あげる、下げる
・広げる、閉じる
動きを鍛えてあげる、ということです。

・肩甲骨を意識した
ラットプルダウンやベンチプレスを行うこと
 
・繊細な部分ですので、
鍛える前には軽い重さでウォームアップを行うこと
 
 

そうすることで
緊張している部分、伸びきっている部分に
刺激がいき、よりコントロールしやすくなります。
 
 
 
今日はこの辺で
緑が観たくなったので

奥多摩をぷらぷらしてきます。
🌿🐾

 

関連記事

  1. 部分痩せより体型を変える。【トレーニングは裏切らない】

  2. 牛肉はダイエットにいいの?「肉体改造にはタンパク質!」50代…

  3. そのサプリ、効果ある?「低糖質ナッツ」健康食品商法に騙されな…

  4. No excuses! 言い訳しないカラダづくりって素敵

  5. 筋トレしてても、体脂肪が減らない?回数をこなしているかチェッ…

  6. <食べる時間を変えるだけ脂肪は燃える>

  1. 2020.09.21

    摂食障害はココロの飢餓と依存の連鎖

  2. 2020.08.18

    後編 Honor your feelings. 職業「わ…

  3. 2020.08.15

    Honor your feelings. 仕事と生き方に…

  4. 2020.08.14

    天然素材でキレイをつくる

  5. 2020.08.13

    ハイヤーセルフに繋がる方法