体験のお申し込みはこちらから >

心地よく生きる ココロの可動域の広げ方:

ココロの可動域の広げ方:

自己信頼をカラダと取り戻す
ボディーモニタリングという気づき

Q andAメッセージ

さて、
今日は Q and A 不安について

『本当のことを言ったら、
(表現したら)どんなに怖いことが起きるんだろう・・』

ということを皆さんすごく恐れています。

転職しようとしてる時
ブログ配信をしている時
職場で意見を提案する時
生き方を決める時

新たなことを表現していくとき
私もいつもドキドキします。

でも、そこを勇気を出して

自分の心に正直に表現すると、
意外と大丈夫なんですよね。

『なーんだ!大丈夫じゃん』

って思った瞬間

あなたの自己信頼度と
世界への信頼度の範囲が

その度にふわっと広がります。

本当の自分の好きなことや
自分の考えを表現したりすること、
言葉にすると、
肩書きにすると、
ファッションにすると、
スタイルにすると、

冷たい目で見られんじゃないかとか
否定されるんじゃないかとか
頭がおかしいと思われるんじゃないかとか

心配されます。

でも

実際のところ

あなたの宇宙と

周りのリアクションは関係ないです。

あなたがそれを恐ろしいことだと思っていると

それを反映したリアクションを現実は返してくれます。

例えば、

私がパーソナルなコンサルティングをするときに、
相手のカラダに触れたりするんですけど、

このとき、「恥ずかしいかもしれませんが、横になってください」

とかいうと、

相手は恥ずかしそうにします。

私がラウンジなどで足を延ばすことを恥ずかしがっていると
相手もそう感じるんです。

こんな相談もあります

「私は本当は精神世界の話にすごく興味がありますが
今は公務員で、心理セラピストとして副業を始めたいですが
周りの目が気になります。」

と言った場合ですが、
心理セラピストとしてこの方がご自身を確信していたら
それについてとやかくいう人は不思議と現れず、

精神世界について確信している人たちが
クライアントとしてやってきます。

「資格や肩書きがないと、信用がないので、
資格や肩書きを取ったらこの仕事をしようと思っている」

という方も同じことが言えますが、

資格や肩書きを前面に押し出して、活動をすれば、
「資格や肩書きが大事」と思う人が来ます。

おんなじように、
私も腹筋がわれてるガッツポーズの写真と共に
<筋トレの極意>とかいうタイトルの広告を発信をすれば

筋肉系の人やトレーナー、
フィジカル・物質主義の方が興味を惹かれて
リアクションしてくるし、

精神世界のことや哲学を書いて、
水晶がキラキラしてる写真とかを配信すれば
それらに興味がある人がリアクションをするし

そんな世界が存在しない、
と思ってる人は気にも留めないし、

否定をしている人は、離れていくだけです。

同様に
お金のことを書けば
お金のことに困ってる人、お金が大好きな人、
お金のことにアンテナを張ってる人がリアクションします。

つまりみんな自分の世界の範囲、
見ようとしてる人しか見えませんし、
情報を拾いません。

だから周りのリアクションを恐れて
自分を表現しないのは
自分から自分自身との距離や摩擦を
増やしているようなものなのでもったいないことです。

「でも組織の中(会社の中)で自分の好きなことに
忠実にいたら、周りから煙たがられる」
という相談もあります。

組織の中でご自身を表現するのは難しい場合もあるでしょう。
でも組織の中にいるということは

自由と引き換えに何かしら
安定をもらっていることになるので
そこは折り合いをつけないといけないかもしれません。

あなたがご自身を表現したいなら
会社勤めという仕事のカタチを
考える段階に来たのかもしれませんし、

あるいはあなた自身が組織の中の自分自身を、
周りとは異なる人間で、
煙たい存在なんだと決めつけていませんか?

そこでは自分は評価されないのだと、
諦めやリミットを自分でかけていませんか?

もしかすると実際にあるのは、
周りとの摩擦ではなく、
ご自身の中の不安かもしれません。

周りのリアクション、
自分のリアクションって本当に面白くて、
あなたが気にしなくなると
(つまり波長が合わない)
本当に気にならなくなります。

もうバイブレーションが違うので、
おんなじ空間にいても
摩擦が起きません。

不安になりやすいとか、
周りに影響を受けてしまいやすい人は
周りばっかりを気にしていて

ご自身のインターナル(内側)
へ意識が向かえてないことが殆どです

自意識過剰に近い状態と
いってもいいかもしれません。

そういう場合、
周りからどうみられているか
ばかり気にしているのに

自分のことが後回し、
ケアがおざなりになるという

悪循環のループが起きて

マインドのごちゃごちゃばっかりが
あなたの思考を埋め尽くしています。

不安に煽られやすかったり、
悲惨なニュースを見ると
「どうにかなるんじゃないか」と心配になったり

尊敬してる人や信頼してる目上の人から
「そんなことしちゃ大変なことになるよ」
と口出しされて揺らぎます。

そんなときは
周りを見るのをやめて

ご自身のカラダのケアや美容から
自分自身を内側を見つめて

グラグラ揺れ動くのをじっと見つめて
それでも自分のココロの味方についてあげるのかどうか

を決めたら良いですね。

ズームアウトして
自分に起きてる出来事を見つめると

ほとんどはその<確信度の確認作業>として
そういったことが繰り返し引き起こされているので

その状況に右往左往しないことです。

そして、
感情とカラダのモニタリングをしましょう。

やり方は

アクション(出来事や行動)と
カラダで感じたことをリンクさせ、
メモに書き留めます。

====
ココロとカラダのモニタリング例)

◻︎朝起きる
まだすっきりしない・頭がいたい

◻︎昼ごはん同僚と食べる
楽しい・話に夢中で食べすぎる・お腹が痛くなった

◻︎お風呂に入る
考え事が止まる・心地よい・首の後ろが緩む感じ

=====

など

こうしてボディに気づきを与えていくことで

いつでも忙しいマインドから、
自分のカラダ、
センターに戻ってくることができます。

いつでも
自分のカラダとのつながり
自分にフィットしているという
安心感を増やしていきましょう。

何かものを買ったり食べたり
何かに依存したりするのではなくて、

自分のカラダを

あなた自身がご自身に対して、

1番安らげる居場所にしてあげるということです。

それがもっとも

ココロの可動域を広げていく時の
秘訣になります。

関連記事

  1. 今、起きていること

  2. 聖なる魔性・美しさと欲深さの共存

  3. コアの変容ー現状維持から抜け出す

  4. <癒し、統合するプロセス 本来のあなたになった時、全部手に入…

  5. ワクワクについて質問 passion and joy

  6. 自己愛を高めよう・コンプレックス(劣等感)とナルシズム

プロフィール

公式Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: The account for sera.gymcat needs to be reconnected.
Due to recent Instagram platform changes this Instagram account needs to be reconnected in order to continue updating. Reconnect on plugin Settings page

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

  1. 2020.07.03

    自分を好きになるには、 自分のネガティブに気づくことだ…

  2. 2020.06.28

    メッセージ:想像しうるものはすべて 今ここで起きている…

  3. 2020.06.25

    不安神経症からの脱出 ビジネスをもっと楽しく、遊びに変…

  4. 2020.06.24

    あなたが本当にやりたいことはなんだろう?

  5. 2020.06.23

    インナーチャイルドは手強い。 あなたはあなたを諦めちゃ…