体験のお申し込みはこちらから >

くびれとお尻の関係 hands on hips!

くびれとお尻の関係
hands on hips!
お尻に手を当ててみましょう

というと英語圏の人は
腰回りに手を当てます。

日本でいう腰は英語ではlower back、
背中の下の方、という認識です。
英語では

腰=hip
股関節=Hip joint

なんです。

お尻が垂れる、
くびれが出ない
という人は
しっかりしゃがめてない人に多いです。

腰を下げれば下げるほどお尻はよく動きます。
よく動かすほど
お尻は上がり、
くびれがでてきます。

ラテンの人はお尻が大きい!
というイメージがあると思いますが、

ラテンダンスなど
腰の位置をかなり下げて動き、
お尻でリズムをとります。

腰の位置を落とすのは結構辛いです。
お尻も頑張らないと行けません。

なのでそれを体がサボってしまうと
お尻がぺったんこ、
ウエストがガッチリしてきてしまいます。

まずは
「腰を回してみる」

お尻や腰が一番うごく位置、
というのを
知っておきましょう。

立ったままだと腰は回せないですよね。
少し足を開いて
しゃがむと腰はまわります。

お尻を鍛えて行きましょう🍑

本日もパーソナルセッションです!

表参道ゴールドジムで
60分の体験セッション受付中

(無料体験に参加いただく方には
簡単なアンケートにご協力いただきます。)

関連記事

  1. 【ダイエットに周囲の反対・・?環境から変えてみる】

  2. むくみの原因パート2 仕事の緊張や会議の前、移動や旅行でむく…

  3. クライアントさんからの声【子作りにはダイエット】

  4. 落ち始める脂肪はいつだって柔らかい「プニプニ」は落ちやすい …

  5. ダイエットと筋肉は貯金できる  

  6. 「50代・男性の更年期障害にはトレーニング」💪…

プロフィール

  1. 2019.11.25

    自然にバランスのとれたカラダになっていく仕組み 構造(…

  2. 2019.09.11

    チャレンジと決意 

  3. 2019.08.23

    女性に多い・隠れ貧血と鉄分とフェリチン その2

  4. 2019.08.21

    女性のPMS・隠れ貧血に要注意・フェリチン鉄不足と冷え

  5. 2019.08.21

    自分のためのカラダづくり・「カンペキ」じゃないからいいこ…