体験のお申し込みはこちらから >

「座っていると死ぬ危険」筋トレがインスピレーションを生む!

「座っていると死ぬ危険」

筋トレがインスピレーションの元!

 

 

こんにちは

今日はさむーいですね😭

成功者=マッチョ=筋トレ=シュワちゃん(?)

をはじめとして

西欧文化では肉体の強さ=権力者

というのが昔から一般のイメージとして定着しているように感じます。

セラがアメリカ、カナダに住んでいたのはもう

15年くらい前ですが

当時よりすでに

筋トレ文化は田舎や郊外の人にまで定着していて、

ほとんどの人がどこかしらのジムの会員

という状態でした。

肥満が特に多いアメリカでは、

筋トレ=マッチョ

筋トレ=ダイエット

筋トレ=デキる人

という価値観が普及していたように思います。

(当時日本ではダイエット=我慢や置き換え、リンゴダイエット、痩せるサプリ など でしたね)

またボディビルなど、体を筋肉で作っていく競技にもリスペクトがあり、

ボディビル競技も日本とは異なり、プロの世界があるので、

成功者は賞金はもちろん、

ビジネスマンになったり、経営者になったり、

俳優になったり

体を鍛えることの先に

ただカッコイイとか、

ビジネス交渉に有利になる、

とかモテる

以外にも

サクセスストーリーがあり

アメリカン・ドリームがあったからかもしれません。

 

成功しているビジネスマンは筋トレをしている

とか、筋トレが経営者や社長、そしてお金持ちにはマストだ!

と知られるようになりました。

最近日本でも芸能人が筋トレしたり、

メディアや書籍で認知が広がってきてますね。

「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」

「筋トレ社長」とかも話題になりました。

 

 

七日から西郷隆盛のドラマ、「西郷どん」が

始まりますが、主演の鈴木 亮平さん、

セラトレーナーになる前

映像作家をしていた関係で、

一度映画の試写会でお会いし、

上映後の懇親会の席でお酒を飲んだことがあるんですが

筋トレをハードに行っており、

体を自由自在にドラマや映画に合わせて変化させるそうです。

ハリウッド俳優みたいですね〜

西郷隆盛のイメージに合わせ、

現在はバルクアップしているようですね

 

 

かくゆう私も運動とは無縁だった文化系で、

アートや映像関係の仕事をしていましたが、

無理がたたって

しょっちゅう倒れたり入院していました。

体を壊したきっかけで、トレーニングをはじめて

体が回復を越して、パフォーマンスが良くなったことに

感動し、のめり込んだんです

今や筋トレバカになりつつありますが。。

それくらい筋トレって凄い!と感動したからなんです。

あの三島由紀夫が筋トレをして

肉体美を作りながら

創作活動をされてたのも納得です。

 

経営者やビジネスマンをはじめとする

会社で脳を使う仕事をされる方

最近は体を動かしてないなという方はもちろん、

筋トレの最大の魅力は

運動神経は関係なく、マイペースで行えることです。

そう、ですので、文化系の方

執筆やデザイン、クリエーター、ブロガー、

頭をいっぱい使う仕事

座ったままの仕事

パソコンを使う仕事

デザインや文章を書く仕事

などされる方にもオススメなんです。

そして何かに没頭する人

筋トレは向いているんです。

 

もっと文化人やインテリ層にも筋トレが普及されたらいいのにな〜

と思うこの頃です。

芸術やアートは抽象的な世界

でも筋トレはやった分だけ効果がある。

それをビジネスマンや成功者は知っているから

筋トレ習慣が受け入れられた。

 

セラが筋トレを始めたのは

まだ前の仕事をしていて、

仕事と趣味の作品の制作途中でした。

プライベートも仕事も同じような作業をするので、

ずーっと10時間、20時間、

パソコンと向き合って、

映像を編集したり、

構成を考えたり、

細かい作業をしなくてはならず、

頭がおかしくなりそうでした。

坐骨神経痛が二十歳の頃からあり、

背骨は曲がって

「おばあちゃんみたいだよ」

と職場で上司に言われたり、、

電車のつり革も背が丸まってるので、

手を伸ばしてると

肩が痛いのです。

電車で立つのも辛い、、、

ひどい肩こりや首こり、

背中が岩のようで、

呼吸は浅く、

あばらが浮いていたんです!

 

6年前↓

去年↓

体重は44kgー56kgに増えました。

でも今の方が健康で引き締まって見え

以前より周りから若くみられます。

不思議ですね。。。

 

筋トレを始めてから、

ジムへ通う時間が

気分転換になり、

煮詰まることがなくなり

リフレッシュすることで、

新しいアイディアが生まれたり、

インスピレーションを得ることが出来ました

自分の体に向き合うことで、

普段いかに肉体をないがしろにしていたのか

わかりました。

心に余裕が生まれて、

前向きになり

体は血流が良くなり、

坐骨神経痛や、

猫背までもいつの間にか治ってしまいました。

見た目だけでなく、

クリエイティブな作業をするのに、

筋トレはとても効果的です。

執筆家や、クリエイター、作家には

運動不足や不摂生、生活習慣が

あまりよろしくない方が沢山いるのを知っています。

セラが以前の仕事をしている時も、

周りに

病気をしたり、亡くなった方もいらっしゃいました。

筋トレを当時知らなかった私は、何か健康になるものを、

自分の外に求めていました。

でもトレーニングでほとんどの健康問題が解決するのです。

西欧では冠状動脈疾患死因のトップだと言われています。

 

動脈の内側の壁が硬くなり、

脂肪や血小板でつまり

やがて心臓へ向かう血液が滞り

筋細胞が死滅します。

その中で危険因子となるものは

行動や生活習慣、環境条件や遺伝であり

心筋梗塞などの動脈硬化の要因は

喫煙、高血圧、高コレステロール血症、

低血糖や肥満

この辺はもう体に良くないことは当たり前ですね。

もう一つあるんです。

「座ってばかりの生活習慣」

も動脈硬化を招く原因と言われています。

 

クリエイティブな頭脳ワークを行う方は

ぜひ一度

体を鍛えることを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 【10回3セットに囚われないとカラダが変わる】

  2. 🌤🌞 カヌーに乗って来ました…

  3. マシンのあるジムに行き始めたのに ランニングマシンばかり使っ…

  4. <カッコイイ身体づくりに大事なこと・その4 どんな筋トレが旅…

  5. 〜筋トレは戦略〜 経営者が筋トレすべき理由

  6. 結果が出ない人へ 体づくりで最も重要で本質的なこと

プロフィール

  1. 2019.11.25

    自然にバランスのとれたカラダになっていく仕組み 構造(…

  2. 2019.09.11

    チャレンジと決意 

  3. 2019.08.23

    女性に多い・隠れ貧血と鉄分とフェリチン その2

  4. 2019.08.21

    女性のPMS・隠れ貧血に要注意・フェリチン鉄不足と冷え

  5. 2019.08.21

    自分のためのカラダづくり・「カンペキ」じゃないからいいこ…