体験のお申し込みはこちらから >

筋肉か、感覚か <体を変えるための共通言語>     

<体を変えるための共通言語>  
  

どの世界にも「共通言語」ってあります。
    

20代には20代の
60代には60代の
「わかる〜!!」というワード。
   

アートの世界にはアートの、
ビジネスにはビジネス用語、
ゲーマーにはゲーマーの、
スポーツや筋トレにも存在します。
  

最初は誰しも「????」となるワードだらけです。
 

知らないとダメかと言ったら、
別に知らなくていいですが、
知っていると、トレーニングが上手になるし、
トレーニングや肉体改造がもっと面白くなります。
  

あのスピードスケート選手の小平奈緒さんも
解剖学を勉強されてるそうです。
  

筋肉か・感覚か、という話で
 

知人がバレエレッスンのピアノ伴奏を
仕事としていましたが、
レッスンには初心者の男女数名が
バレエに打ち込んでいました。  
  
  
初めは女性陣の方が圧倒的に上達が早く、
また真似や飲み込みも上手でした。女性陣は皆「雰囲気」「真似」で上達したそうです。
  
  
対して、男性陣は最初は下手でしたが、
3年後、圧倒的に上達しました。
  
    
それは筋肉から学んで言ったからだそうです。
筋肉で動きを学んだため、
動作や表現がぶれることなく正確です。
再現性がある。  
    
ピアノの伴奏していた方は女性ですが、
「なるほどー」と感心したと言ってました。
    

全ての人に当てはまりませんが、
男性脳、女性脳という話がありますが、
  
確かに理系女子が少ないように、
女性は感性が鋭く、情緒的です。
      
対して男性はロジカルシンキングな人が
多いという話もありますね。
  
  
トレーニングでは
両方伸ばしていけると、
飛躍につながるのではないかと思います。
  
  
・感覚(実践)から入り→検証する
・エビデンスから入り→実践
  

どちらも大切です。

  
でも共通言語=専門用語
は難しいです。
  
「筋肉の伸び縮み」と言われても
言葉ではいまいちピンと来ません。
  
でも今はすごいです!
全部リアルなイメージで見れちゃう時代です。
  
番組は私は見てないのですが、
NHKのサイトに筋肉や体の中の
ミクロな世界がマクロで見えます。

https://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/parts/muscle/

 

 

関連記事

  1. [NEW] 2018年7月・8月ご予約状況

  2. <骨盤で立つ・S字ラインも手に入る!>

  3. <しまったウエストを作るシェイパーの効果> ウエストシェイパ…

  4. 全部達成するために一つに絞る。

  5. チャレンジと継続のコツ

  6. 自然にバランスのとれたカラダになっていく仕組み 構造(カラ…

プロフィール

  1. 2019.11.25

    自然にバランスのとれたカラダになっていく仕組み 構造(…

  2. 2019.09.11

    チャレンジと決意 

  3. 2019.08.23

    女性に多い・隠れ貧血と鉄分とフェリチン その2

  4. 2019.08.21

    女性のPMS・隠れ貧血に要注意・フェリチン鉄不足と冷え

  5. 2019.08.21

    自分のためのカラダづくり・「カンペキ」じゃないからいいこ…