体験のお申し込みはこちらから >

40代、50代はカッコよく落とす!【成功する減量】洗脳を解くには失敗するまで。

 

こんにちは

動ける肉体 使える筋肉

かっこいい体づくり専門の

パーソナルトレーナー林です。

 

 

 

今日は

結局のところ体脂肪を減らすにはどうすればいいの?

糖質カットはいい?悪い?

ということについて私個人の見解をお話しします。

今日のテーマ

🔶体脂肪を減らしたらガリガリに、、大事なのは筋トレと食事

🔶糖質カットはいい?悪い?

🔶極端な人は失敗する。ストイック=抜くことじゃない

🔶難しいことはトレーナーの指導を仰ぐ

🔶成功する減量のやり方 

🔶私の減量食(今3週目)

🔶洗脳されてると失敗するまで変えられない

 

 

 

について書きたいと思います!

 

 

🔶体脂肪を減らしたらガリガリに。大事なのは筋トレと食事

私も最近減量をしています。

なのでいつも心ゆくまで食べている炭水化物やスイーツとはしばらくさよならです。

成功する減量、ダイエットとは、

筋肉を増やしながら、

筋肉を落とさず、

筋肉を犠牲にしないように

脂肪だけを落とすことです。

ただカロリーを減らしたり、食事を抜けば

ガリガリになれます。

代謝が落ちて

絶対に体調不良とリバウンドが待ってます。

 

 

 

🔶糖質カットはいい?悪い?

 

糖質を抜くと水が抜けます。

1日で減るのはほとんど水分なんです。

 

今流行っている糖質制限や

かなり昔一時ブームを迎え衰退した糖質をゼロにして油を摂るというケトジェニックダイエット

これらの場合は最初はスルスル落ちるのですが、

停滞し、

そこで反動で元の食事(糖質食)とごちゃ混ぜになると、

下手するとリバウンド以上に肥えます。笑

(自分の体で実証済み)

私は2週間も落ちなかったですね。

そして胃腸がおかしいことに、、

すごい太ってる人や、

あまり筋肉をつけず、運動せずに痩せたい人、

糖尿病の人(もともと糖尿病の人のための食事)

はいいかもしれませんね。

私も血糖値が波打ちやすいタイプなので、

野菜以外の

糖質はできるだけGIの低いものをとります。

 

 

問題はガイドラインです。

野菜や果実も含め

(GIは食物繊維があるのと調理方法でも変わる)

糖質が全て 悪!NGなのに

加工肉や保存添加物たっぷりの食品は

いいよっていうのは個人的にどうかと、、

若い人、健康が無茶できる人以外は

やらないほうが無難だと思います。

マニュアルにすると楽なんで、

つまり何か線引きをするのは簡単なんですよね。

 

🔶極端な人は失敗する。ストイック=抜くことじゃない

抜けば減る、

減らせば落ちる

そういう考えがほとんどの人にあると思うんですが、実は

カットすることが落ちる!という先入観が

失敗の元になる場合もあるんです。

 

本当の健康は白か黒じゃないです。

 

ダイエット、減量の

ポイントはカロリーそして

糖質の量なんですが、

私はゼロにカットすることはお勧めしません。

糖質摂りすぎて太るなら、

抜けばいいじゃん!

というのは

 

太るから、食事抜けばいいじゃん!

という考えと同じです。

90年代の女子学生ダイエットみたいですね。

 

0か100かで肉体が変わったら誰だって

うまくいきますよ。

 

簡単ですもんね。

 

ストイック=抜くことではなく

雨の日も、風の日も基本をできるだけ守ることです。

そうすれば時々は美味しいものを食べたって太りません。

 

🔶難しいことはトレーナーの指導を仰ぐ

正しいダイエットが難しいのは

適度に食べる。

基礎代謝を下回らず、

消費代謝を上回らないように

食べて落としていかないといけません。

 

そして少し食べる、というのはお腹がすくんですよ!!涙

満足感はないのですが、

飢餓感はありません。

 

上手くいっている減量は、

体は割と元気です。

トレーニング強度を上げるので、疲れますが、

 

フラフラしてる人がいたら、それは失敗している証拠です。

 

🔶成功する減量のやり方 

失敗しないダイエットや減量の基本は期間とゴールを決めて、

カードを揃えることです。

日頃トレーニングを継続していることが大前提です。

新たに始める場合は、

まずは基本の食事を2週間トレーニング開始とともに行う方が、

体が慣れていくので負担になりません。

基本的には2週間スパンで

停滞したら、次のカードを切ります。

  • 運動メニューを高く設定する
  • 乳製品をやめる
  • バランスの良い食事にかえる
  • 定期的な食事時間帯にかえる
  • お菓子や加工品をやめる
  • コーヒーはブラックにする、、
  • プロテインを活用する
  • サプリを飲む
  • タンパク質と油を淡白に
  • 野菜の種類をかえる
  • ーーーー
  • 一つ何か新しく変えていくんです。
  • 最中的にカロリーを減らす
  • 有酸素を入れる
  • 糖質をカット

 

他にも個人に合わせて場合により変わるのと、

色々まだまだありますが、ざっとこんな感じ。

 

いろんなやり方があります。

 

そして糖質を極端に減らしたり、

ボディビルなどのコンテストでも

カーボを完全に抜くのは調整段階だけです。

 

早くに最後の方のカードをきるともう後がないので、辛いです。

落ち方が悪くなってからも

ひたすら続けるしかありません。

 

痩せたと思ったら、

あっという間にリバウンドする人は

おそらく減量がうまくいってないです。

増やすときは計画的に

増量期といって、徐々に増やすのが理想です。

 

 

🔸林の減量食

私の減量食をお見せします。

ジャーン

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

  

私は最後の方まで糖質は抜きません。量と取る内容、時間を変えて行きます。

糖質はトレーニング前後にプラスします。

忙しいので手抜きもありますが、

なんで生野菜やボイルばかり?なのかはお腹を少しでも満たすためです。

ちなみに普段は糖質はこの3倍くらい。

プラスお菓子やスイーツは一日1回はなんか食べてる感じです。

 

 

🔶洗脳されてると失敗するまで変わらない

トレーニングは落とすときは沢山しないといけません。

減量は体脂肪を低く設定すればするほど

短期間になればなるほど

ものすごいストレスになります。

どんどんどんどん

カロリーを減らしすぎて

もう基礎代謝を下回っちゃったり、

糖質が少なすぎてフラッフラになってしまうと

もう周りの声は聞こえません!笑

その状態になると

洗脳された状態。

怖くて増やせませんし、

次のカードがないので、動けません。

 

なので失敗するのを待つまでです。

 

精神的なストレスを減らしながら行わないと

女性だと生理が止まったり

男性だと疲れて神経質になったりします。

男女ともに10kgを超える減量や

女性だと20%を下回る場合や

男性だと15%を切る場合、

一人ではなかなかモニタリングできません。

 

脂肪は1日で消えてくれませんし、

筋肉は2日で増えてくれないため、

リバウンドをしないために必要な期間というものも存在します。

 

 

自分で正しくできる人はもう絞れてます笑

気合いは大切ですが、

根性云々ではないので、

最初はトレーナーと一緒に行うことが望ましいです。

 

私の元職場(ゴールドジム)でも

糖質を完全に抜くことを推薦するトレーナーはいないと思います。

ちゃんとトレーニングして

トレーニング強度を落とさず、

筋肉を大きくしながら

脂肪を燃やす

かっこいい体になるダイエットには、

タンパク質と同じくらい

糖質は大事なんですよ。

 

主食がないと力でないですしね、、、

 

 

しかし別に筋トレなんか好きじゃないし、

なんでもいいから見た目が良くなればいい、

期間が迫っている

不健康でも

ダイエットではしぼんでもいいから、

抜かないと!

と思う人は

安心してください。

某大手のダイエット

糖質制限プランには

定額料金(30万以上)につき、

太った人には追加料金プランが上乗せされ

サプリを買わされ(5万円以上)

劇的ビフォーアフターになり、

その後リバウンドすると

リバウンド対応プランがありまして

追加料金を払えば

また一時的に痩せれるそうです!

画期的!笑

 

私もそのプラン真似したい!笑

 

 

なのでダイエットと

トレーニングでの体づくりは

根本的にやってることが違うのです

 

ビフォーアフター宣伝のように

脂肪が減って見た目が変わると

人生も変わるって思いますよね。

 

 

ダイエットを入り口に

トレーニングそのものや肉体改造に

興味を持ってもらえたらいいなと思います。

 

 

 

どちらも簡単ではないですが、

どうせなら

 

リバウンドなし

時々は好き勝手

食べても腹筋はいつも割れてる。

ずっと元気で

一生続く、

かっこいい体を手に入れませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 私が考える自分で治せる「整体」 もトレーニングのうち。

  2. お得なバレンタインキャンペーン💌

  3. チャレンジと決意 

  4. カッコイイ印象を与える体 <ヒーローの肉体>  

  5. <若さはどこで判断される??>  

  6. パラレルプル 【広い背中を作るトレーニングは アタッチメント…

プロフィール

  1. 2019.11.25

    自然にバランスのとれたカラダになっていく仕組み 構造(…

  2. 2019.09.11

    チャレンジと決意 

  3. 2019.08.23

    女性に多い・隠れ貧血と鉄分とフェリチン その2

  4. 2019.08.21

    女性のPMS・隠れ貧血に要注意・フェリチン鉄不足と冷え

  5. 2019.08.21

    自分のためのカラダづくり・「カンペキ」じゃないからいいこ…