体験のお申し込みはこちらから >

レモン習慣でこの時期を乗り切る🍋インドの智恵の果実 

 

ビデオが未だ慣れず、テンション低いですが、、、 

 

こんにちは

 

前髪作りました!!!!!

 チューインガムをもらったので、膨らまして見ました

 

最近のどやお肌の調子がとても良いです。

 

それは

多分毎朝欠かさず飲んでいるのレモン水

のおかげかな〜と思います。

 

昔からの習慣なんですが、

最近はサボりがちで

市販のレモン汁で思い出した時に飲む程度だったんですが、

お肌が調子悪いな〜と思い、思い切って、

レモンの品種を無農薬の国産のものに変えて、

毎日欠かさず飲んでます。

レモンの神秘

レモンって、美しくて綺麗ですよね〜

元々私はレモンに異常な執着があり、笑

パブロネルーダという、

あの谷川俊太郎もインスパイアをかなり受けている

チリの詩人がいます。

その人の詩にODE TO LEMON

というレモンに捧げた詩があるんですが、

これが強烈で、

レモンの神秘性、レモンの美しさ、

レモンから連想する

自然の恵みやエロティシズム?を

詩にした詩なんです。

大地に落ちたそのレモン

大聖堂のような形の

レモンのシンメトリックな輪切りにした断面や、

ステンドグラスのような果肉、

大地の乳房

滴る金色の雫はまるで

奇跡のゴブレットから溢れるこの星の炎

なんて感じの内容です。(かいつまんで訳した内容です)

その詩を読んで私はレモン一つからこんなにイメージが沸くのか!!

と衝撃を受け、

アーティスト活動をしていた頃は

レモンを題材に8ミリフィルムの

作品を作りイタリアのフィルム映画祭で上映されました。

(イタリアといえばレモンだから入賞したのでしょうか、、?)

レモンはすごい果実だった

それくらいレモンには魅力と神秘が宿った果実なんです!

ヨーロッパのイメージが強いレモンですが

意外にも、

レモンは元々インドのヒマラヤ地方が発祥です。

神聖な果実として古来より、

薬用目的としても

重宝されてきました。

 

豊富なビタミンCと

抗酸化作用で有名ですね。

 

レモンは酸っぱいのですが、

体に入ると

体内のPH濃度のバランスを整えてくれるんです。

 

私は毎朝、無農薬瀬戸内レモンを

半分を絞って、

少量の水に溶かして飲んでます。

歯が強い酸で溶けるので、

必ずその後、水を大きいコップいっぱい飲んでいます。

疲れが溜まっているときや、

風邪の時、

お酒を飲んだ翌日にも良いです。

タバコやお酒を摂取する方は

絶対にとっておきたい果実です。

どこでも手に入るスグレモノ

また、東南アジアやインド、

ヨーロッパをバックパッカーをしていた頃は

長旅になったりして疲労がたまり、

食あたりの可能性が高い地域では

免疫が落ちやすく、

免疫が落ちると

すぐにお腹を壊したり、

熱が出たりするので、

必ず旅先でレモンを飲んでいました。

レモンは大抵の地域で販売されているので

とても便利です。

レモンの効果

豊富なビタミンCが

お肌にもよく、老化も防ぎ、

免疫も高めてくれます。

また香りはリラックス効果や、ダイエット効果もあります。

胃腸の消化力を高め、

体内のPHバランスを整えるので、

口臭予防も高いです。

そして腎臓にとても良いです。

腎臓結石の予防にもなります。

 

無農薬のレモンでしたら、

皮はお風呂に入れたり、

お掃除にも使えますし、

皮で歯の表面を磨くとツルツルになります。

風邪にも効くレモン

風邪予防にももってこいです

もう少しで春ですが、この時期は冬の疲れや

温度の変化で風邪をひきやすいです。

しっかり予防していきましょう。

もうすでに引いてしまった方は、

レモンと水分をたくさんとって、熱と汗を出しましょう。

喉から引いた風邪の場合は

ハチミツやハチミツにつけたすりおろし大根エキスを飲むと良いですよ。

 

 

 

 

レモン習慣で体内から若く爽やかに

 

もうレモンを摂らない理由はないです!

というくらい

高機能な果実なんです。

皆さんも是非、生活に取り入れてください。

関連記事

  1. お腹を鍛えても意味がない?!

  2. 糖質カットっていいの?悪いの?

  3. 完璧主義は成功しない/クライアントさんの変化

  4. ダイエットで悩む方へ・辛い道、楽しい道

  5. むくみの原因パート2 仕事の緊張や会議の前、移動や旅行でむく…

  6. 中高年・動けるカラダに肉体改造 お腹周りぽっこりの原因

プロフィール

  1. 2019.11.25

    自然にバランスのとれたカラダになっていく仕組み 構造(…

  2. 2019.09.11

    チャレンジと決意 

  3. 2019.08.23

    女性に多い・隠れ貧血と鉄分とフェリチン その2

  4. 2019.08.21

    女性のPMS・隠れ貧血に要注意・フェリチン鉄不足と冷え

  5. 2019.08.21

    自分のためのカラダづくり・「カンペキ」じゃないからいいこ…