体験のお申し込みはこちらから >

【〇〇を食べるために筋トレする】 筋トレのメリットは人それぞれ

【〇〇を食べるために筋トレする】
筋トレのメリットは人それぞれ

セラです。
連日ゴールドジムでセッションです。
 

カップルやご夫婦別々で
セッションに来られている
クライアントがいます。

「セラさん、うちの奥さんが
アタシは〇〇を食べるために筋トレしてるのよ」
と言いながらこないだ箱入りの〇〇買ってた」
と、ご主人の方から私にタレコミが・・笑
 

〇〇はご想像にお任せします。

つかさず、
「奥様、いけませぇん!」とお伝えしましたが

でもその気持ちわかります!
私はすごく食いしん坊です。
「・・セラさんすごいよく食べるね」
と男性からも言われるくらい。
 

「筋トレなんて、歯磨きと一緒だよ。
食欲より肉体に対する美意識の高さだよ。ふっ」
とか言って見たいですが、

「たくさん食べれるから筋トレしてる」
という意見に激しく同感です。
 

子供の頃から食いしん坊なのは
有名で。 

小学生の時は男子に混じって
おかわりをよくするので
給食のおばちゃんに噂が届いて
「セーラ君、いつもお代わりしてくれてありがとう」
(名前も紛らわしいので男だと思われた)
とお手紙をもらったり
 

京都の修学旅行では
歴史マップを作る課題で
食い倒れマップを作り
しかもグループメンバーを巻き添えにし、
先生に怒られました。
(クオリティは高かったのに)
 

筋トレと出会ってからは
思いっきり食べれるので
幸せです。
 

太ると本当に困ります。
見た目ももちろんですが
「太っているとパフォーマンスが落ちる」
これは本当です。

動きも頭も
感覚も鈍くなります。
内臓やホルモンレベルで影響が・・!

リバウンドしないか心配だ
という相談も受けますが、
筋トレしながら正しく体脂肪を減らし、
一定の期間(数ヶ月から1年)
低く保つとリバウンドしなくなります。
 

ポイントは
「筋肉を増やす」ことです。
これに尽きます。

燃焼ボディは
食いしん坊の味方です!
 

関連記事

  1. カラダづくりは不純な動機で始めましょう🎶  …

  2. Ignore the naysayers!! 結果を出すには…

  3. 【筋トレに慣れてきたら、 厚い胸板には異なる刺激が必要・・】…

  4. 外食は諦める?! 週末アクティブさんの体づくりのポイント

  5. 会議や仕事、脳作業でパフォーマンスを落とさないために。

  6. 「女社長」の働き方とPMS・男性もバイオリズムがある