体験のお申し込みはこちらから >

【厚みを作る・サイズアップの人のトレーニング】

【厚みを作る・サイズアップの人のトレーニング】
Hello!セラです。
連日表参道ゴールドジムにて
セッションしております!
 
サイズアップについても
セッションやメールなどで質問がきます。
 

胸板がついてこない
停滞している
厚みが増えない
見た目が変わらない
という場合。
 

それで食事や栄養ももちろんなのですが
身体を大きくしたいという方で
どちらかというと手足が長い、
スラッとしている
体が割としなやか
 

そんな方はトレーニングを見てみると
負荷が抜けてしまっていたり、
頑張ってやっているのに
効いていないという場合も多いです
 

細身で手足が長い人は可動域が広く
負荷が抜けやすいです。

例えば腕立てやチェストプレスマシンで
胸に効かせたいのに
 

肩や腕、手首で押している
バーや身体を下ろした局面で
背中や肩に抜けてしまっている

などです。
胸に効かせたいのであれば
胸で最初から最後まで
負荷を逃さず受け止めて
そのまま胸に負荷をかけたまま
バーや身体を押さないといけません。
 

うまく効いてないなーという人は
今一度確認してみましょう。

スクワットも同様で、
男性だけでなく
体が柔らかく可動域が広い
女性にも多いのですが
 

最近は最近は尻トレブームもあって
「ぐにゃぐにゃー」と
したスクワットをよく見かけます

持った重さが抜けてしまう場合
腰やヒザが痛くなります。

バーベルを支えているのは
上半身ですが
重さがかかっているのは
骨盤にならないといけません。
 

ちなみに
脳が筋肉を意識することで
効果が高まると証明されています。

(ながら運動は筋肉には
効果が少ないということです)
 

ダイナミックに、
だけど反動をつけない
ずっと狙った部分を意識する
メカニカルな動き
を少しイメージするだけで
変わってきます。

一瞬しか狙っている筋肉を使っていない
という場合は速度も意識してみましょう。
目安としては
トレーニング速度は遅すぎず速すぎず、
1つの動作を4秒くらいでまずは行ってみましょう。

そろそろ夏へ向けて体づくりの準備期間です

 

関連記事

  1. 太い腕を作る!

  2. 忙しい男こそマグネシウムをしっかり取るべき理由。ビールよりも…

  3. 【バストアップにも! ダンベルフライで効果を高めるには〜】

  4. 食事のコントロールと思考の関係

  5. <カッコイイ身体づくりに大事なこと・その3 誰でもできる体造…

  6. 「リストラして疲れた、、」師走の疲れを吹っ飛ばす!