体験のお申し込みはこちらから >

【10回3セットに囚われないとカラダが変わる】

【10回3セットに囚われないとカラダが変わる】

セラです。 
 

 
問い合わせておいて返事をしないとか

予約のすっぽかしとか平気でする方いますよね。

人の時間やエネルギーを当たり前のように奪う人、

私はそういう人とはお願いされたりお金をいただいても 

付き合わないのですが

そういうことを平気でできちゃう人は

周りからの信頼度が低いだろうなー

と感じます。 
 
 

無料体験は締め切りました。

8月9月のセッション体験は

通常体験を土曜枠のみ受け付けています。

それ以外は10月以降になります。

==
 
 

今日はルーティーンの話。

トレーニングをしている方、

エクササイズのメニューやセット数、

しっかり目的に沿って計画していますか?

闇雲に全てのマシンを10回を3セット、毎日やってる!とか

好きなエクササイズや部位だけ、めちゃくちゃ鍛えてる!とか

そんなことになっていませんか?
 
 

「10回3セット」って聞いたことあるかもしれませんが

初めのうちはわかりやすいことと、

ある程度回数があるので動作の練習にもなり

トレーニング回数の変化によって変わる

全ての効果を「ある程度」得られるため

よしとされます。 
 
 

が、

毎日おんなじ刺激を繰り返していると

体は慣れて変化がなくなってきますし

どこかの部分だけアンバランスに鍛えると

停滞や歪みの原因にもなります。

ある程度エクササイズを覚えていったら

メニューやルーティンの組み方も知っていくことが大事です。

例えば1セットの回数3−6回なら筋力が増え

6−12回なら筋肉が大きくなり

12-20回パンプアップや持久力

と得られる効果が変わってくるのです 
 

日本は10がキリがいいから何でも 

10進法を使いたがるのですが

10回を3セットやればいい、
訳ではないので気をつけましょう
 
 

時には「10回」の思い込みを捨てましょう。 
 

目的は何か

どれくらいエクササイズの上達度なのか

週に何回、どれくらいの時間エクササイズをするのか

回復力はどれくらいなのか 
 
 

そこからメニューを組み立てる必要があります。 
 

ダイエットをしたいのであれば

さらにトータルボリュームを考えていく必要があります。 
 
 

ちょっと専門的ですが知っていくと

もっとトレーニングが楽しくなりますよ

Peace,

 x

関連記事

  1. 落ち始める脂肪はいつだって柔らかい「プニプニ」は落ちやすい …

  2. トレーニングは裏切らない👍【大数の法則】

  3. 「食事のコントロールができません」

  4. <かっこいい身体を作るトレーニング 上達の鍵はグリップ(握り…

  5. 〜筋トレは戦略〜 経営者が筋トレすべき理由

  6. パラレルプル 【広い背中を作るトレーニングは アタッチメント…