体験のお申し込みはこちらから >

サイズアップとダイエット。目指す道は同じだった。。。?!体づくりのカラクリ。

こんなご意見をいただいたので書かせていただきます。

 

===

時々読ませてもらっています。
「痩せるのはカンタン。」を読んで
糖質制限して、トレーニング続ければ
と思います。

私の場合は、やせ型から
脱出し理想のカラダを手に入れたいのですが、
なかなかそうは行きません。

プッシュアップとスクワット
プロテインも摂っていますが、
ぜんぜん太りません。
意識して多めに食べるとお腹がゆるむだけ。
筋肉には程遠いです。

メルマガ、ほとんど痩せる話ばかりですが、
筋肉つけて、
せめて細マッチョにという人
向けの話も少しは書いてみてください。

====

ダイエットについて書いてるのは
ダイエットについて聞きたい人が多いからです。
またサイズアップしたい人は

たくさん食べて、たくさん筋トレ。
すっごいアバウトですけど
この方向性が正しいです。
が、<このたくさん食べる>

がそもそも困難、というケースが多いです。

サイズアップできない人は
胃腸をいじめているか
胃腸の吸収率が悪いなんらかの原因があります。

ダイエットもサイズアップも
突き詰めていくと
ボディメイクは全て同じ方向性です。

ボディメイクのダイエットをすると意外と
食べるのが苦痛というのがよくわかると思います。

消化吸収率を上げる食品
高タンパク、低脂質、高アミノ酸、
適度な糖質となると限られてきます。

例えばボディメイクにおける
減量も、吸収率と
栄養効率を上げるための
あの「ササミにお米に、野菜とキムチ」
メニューな訳です。

体脂肪が高いけど筋肉がなくて細い人
体脂肪も筋肉もない人
体脂肪も筋肉も多い人
それぞれステージが違います。

が、目指す方向は同じです。

「体脂肪が少なく筋肉質な人」

伝わるでしょうか

闇雲に食べても消化吸収は悪くなるだけです。
吸収率を上げるための
努力をまずすることをお勧めします。

吸収率が悪い問題は

食べ物が悪い
栄養が偏っている
食べ方が悪い
ストレスが多く自律神経や胃腸に影響が出ている
アレルギーや胃腸がなんらかの原因で弱い
そもそもトレーニングをしていない

そのほかに

自分に合う食品タイプがわかっていない
消化酵素(遺伝なども含め)の偏り

それらが考えられます。

最後の二つに関しては
取り組んでみないとわからないことですが、
先に挙げた項目を見直すだけで変化はあるはずです。
まずはその見直しをしてみましょう。

セラトレ・アマゾネス!笑

Peace,
x

 

関連記事

  1. 筋肉か、感覚か <体を変えるための共通言語>     

  2. <くびれウエストと開脚>

  3. 【バストアップにも! ダンベルフライで効果を高めるには〜】

  4. お尻は嘘をつかない 美尻トレで大切なこと

  5. <体づくりを続けるコツ!ハイテンションに要注意>

  6. 50代からの説得力は胸板が語る。自信の象徴、厚い胸板