体験のお申し込みはこちらから >

ダイエットと筋肉は貯金できる  

ダイエットと筋肉は貯金できる
 

セラさんよく食べるね
とあらゆるところで言われますが
私は食べるのが本当に好きで

でもかつては痩せたい願望もあったので
思春期の頃は摂食障害になりかけ
どれくらい何を食べたらいいのか
よくわからない
という状況に陥ってしまったことがあります
 

食べたら太ってしまうという恐怖があり
いつも落ち着きません。

食べた瞬間から
食べることへの満足感と
恐怖が同時に襲ってくるので
心が満たされません。
 
 
多かれ少なかれ、
食欲=罪悪感になってしまう
「コントロールできない」
恐怖は多くの人にあると思います。
 

でもですね
 

これは
「自分にとっての正解の食事」
を一度わかってしまうと魔法のように解決します。
もう怯えて食事を食べる必要は無くなります
 

「自分にとっての最適な筋トレ強度」
を知れば自分のペースで取り組めます。
回復力には個人差があります。
 

欧米ではスタンダードになりつつありますが、
体力テストや根性論(も大事だけど)じゃなく、
「自分仕様の」ペースがあるということを
知っているかどうかが大事。
 
 

私の指導しているカラダづくりでは

筋肉は貯金できます。
ダイエットも貯金できます。
 
 

ジムに行ってパーソナルつけたけど
挫折した・・
と嘆く必要はないです。

その時頑張った分は貯金されてますから。
 

ここで重要なのは
 

・燃え尽きてやめてしまった
・リバウンドしてしまった
・その期間しかいい体になれなかった

という結果になってしまった
「取り組み方」の方へアプローチが必要です。
 
 

体というのは不思議で
削ったら取り戻そうとするし、
その反対も存在します。
 

減った分はすぐに減らせるし、
増えた分はすぐに増やせるのです。
  
 

年数が経っている場合でも
例えば過去に筋トレに取り組んでいたら
筋肉はゼロから始める人に比べ
10倍くらいのスピードで取り戻せるような感じです。
 
 

反対にダイエットも
一度体脂肪を減らし、
体に定着させた場合は
そこまで落とすのは簡単です。

ここで問題は、
どれくらいその時
「結果」が出たかどうかではなく、
 
 
継続してその状態を
保てなかったことにあるのです。
 
 

ダイエットや筋トレはきついものだから
結局続かないんだと
思ってしまっている「取り組み方」
を見直すことが重要です。

筋トレ=限界まで頑張って、
辛くないと結果でない
ダイエット=我慢しないと結果でない
 
 

と心のどこかで信じてると
また頑張って燃え尽きて、、と同じことを繰り返します。

だから「自分にとっての正解の食事」、
「自分にとっての最適な筋トレ強度」を
一緒に探すことが重要です。

それを可能にするのが
私のパーソナルセッションです。
トレーニングをせず、
話で終わることもあります。
 
 
 
食欲や肉体を自由自在に
調節するという行為は
自己実現の形です。

自分の肉体のマスターになる。

だから体を作る人は
メンタルが整うのですが、
 
私の場合は不思議と体のことを知っていったら
痩せたい願望は減ったのですよね。
そしたら痩せたい、よりも
「鍛えたいとか締めたい」に変わったから不思議です。
 
 
痩せたいという願望はきっと
自分軸ではなく
他者に対する願望であったのだと思います。
 
 
その辺りはまた次回

Peace,
x
 

ボルダリング行ってきました。
指先が筋肉痛。笑 
 

本日もセッションです

関連記事

  1. 中高年・動けるカラダに肉体改造 お腹周りぽっこりの原因

  2. トレーニングをしてるのに、 お腹がくびれてこない 割れてこな…

  3. <カッコイイ身体づくりに大事なこと・その2>寝たきりがいない…

  4. 「ポジティブ」がストレスに強い理由

  5. <休息日も大切>リカバリーこそがカッコイイ体への近道!慢性疲…