体験のお申し込みはこちらから >

体を変えるスクワットの足幅は?

体を変えるスクワットの足幅は?

セラです
スクワットはもっとも取り組みやすくて、
体を変えるのに外せないエクササイズだと
考えています。
 

スクワットを効果的に行うには
まずは自分に合った足幅で行うことが必要です。

基本のスクワットの足幅を知るには
簡単な方法があります。

足を開いてジャンプして
自然に着地した足の幅。
 

これが一番骨盤が安定するポジション。

それで、
骨盤に乗れているスクワットが
理想的です。

足幅について考えると
大腿四頭筋に効かせる「ナロー」とか
内腿を鍛える「ワイド」とか
いろんなスクワットがありますよね。
 

様々なテクニックの
スクワットで理想的な
下半身になって来ない場合は

それらのテクニックをいくら練習しても
この「骨盤」でのスクワット、
股関節での屈曲ができていないと
アンバランスな脚になってしまいます。
 

一流スポーツ選手や
怪我のない
しなやかな体つきの人は皆、
骨盤からボールを投げ、
走り出し、ジャンプします。

体の動きの中心はこの骨盤です。

パフォーマンスが高い選手と
そうじゃない選手ではこの中心が異なるため、
固い筋肉と柔らかい筋肉が全く異なります。

膝周りやももの前ばかり使うと
骨盤に正しく重心が来ていないため
 

ふくらはぎ、
首の後ろや腰のよこ、
前もも、
こういった部分に
余計な力が加わり、
固い筋肉になってしまいます。

そしてダイナミックでスピードがある
怪我の少ないプレーができません。
 

これは日常生活でも同じことが言えます。

姿勢教育や
合わない靴のサイズも大きく影響していて、
スクワットをすると
膝が痛くなってしまったり、

そもそも正しく歩くことができない人が
日本には多く見かけられます。

私自身も昔は酷いO脚で、
足首はなく、ヒザとヒザをつけることも
できませんでした。

「背筋を伸ばしなさい」
という
姿勢教育では
本来曲がっているはずの背骨を
無理に反らそうとするので、
 

背骨の圧力をいつも
受け止めている骨盤部分は歪みます。

動きの中心を骨盤に戻し、
骨盤でスクワットができるようになると
股関節でしゃがみこむことができ

「本来力をそこまで出さないはずの
ある特定の部分だけ鍛えてしまっている」
ということがなくなります。
 

スクワットを行なっていくと
体を支える力を強化して、
締まった下腹部や
下半身を作ってくれます。

一生懸命スクワットしてるのに
膝や腰などが痛くなる、
理想の下半身にならない・・
という時はまずは基本の足幅から
整えていきましょう。
 

スクワットは基本のエクササイズですが
体の動きの中心を鍛えるのですから、
もっとも体をシルエットから変えるのに
効果的で外せないエクササイズです。

基本を極めるのがやっぱり重要!

Peace,
x

 

関連記事

  1. 年賀状を忘れていました。お得なキャンペーン!

  2. 私が考える自分で治せる「整体」 もトレーニングのうち。

  3. おはようございまーす☀️広尾にて…

  4. 絶好調な日は待っててもこない。できるオトナは絶好調を自分で作…

  5. 「体力」「疲れない体」の本当の作り方 強く美しいカラダ・その…

  6. 男の健康 筋トレの重要性 ①姿勢と柔軟性