体験のお申し込みはこちらから >

永遠のテーマ・逆三ボディを作る背中の広がり! 【まっすぐなバーの使いかたは?】

永遠のテーマ・逆三ボディを作る背中の広がり!
【まっすぐなバーの使いかたは?】

Hello セラです!
先日は基本のラットプルをご紹介しましたが、

背中のトレーニングで
ラットプルダウンの掴む部分、
アタッチメントのバリエーションを
紹介しようと思います。

ボディメイクは彫刻のようなもの。
背中を形作っていくには
様々なバリエーションが必要となってきます

ジムによってはあまり見かけないかもしれませんが
まっすぐなアタッチメントがあります。

まっすぐなただの棒
のようなバーです

まっすぐのアタッチメントの
メリットは
肩甲骨が内側によりにくく、
直線的に引くことが可能になり、
肩甲骨の外側を効率よく鍛えて行きます

肩甲骨の外側を鍛えることで
大円筋や広背筋の
「広がり」をしっかり作っていくことができるのです

ただ、前回紹介したベーシックな
ラットプルダウンバーに比べ、
グリップの意識が必要です

まっすぐのバーを握った時
小指側が離れてきてしまうと
肩甲骨の外側には効きません

逆三角形を作っていくには
背中と肩が大事です。

でも背中が良くなると肩が足りない
肩が良くなると背中が足りない・・
ということになっていくので

背中と肩は
永遠のテーマです!

また黒い肌チャレンジ中〜
焼いても全然黒くならない・・・!(ー▽ー)

~~~

#林セラ
#ボディメイク
#筋トレ #カッコイイ身体づくり
#肉体改造 #セラトレ
#表参道ゴールドジム #表参道
#ゴールドジム
#公認パーソナルトレーナー
#ダイエット #筋力アップ
#いくつからでもできる
#起業家
#カッコイイ身体づくり
#体づくりのメンタルタフネス

関連記事

  1. 太い腕を作る!

  2. 40代を超えたら・・・ 筋トレとダイエットが必須

  3. 自分の脚に合う靴の選び方で 足がまっすぐ長くなる

  4. 50代の筋トレは3つの大筋群から始めるべし【筋トレの順番】

  5. 忙しい時ほど食事管理でパフォーマンスを向上。パワーフードメニ…

  6. 【10回3セットに囚われないとカラダが変わる】