体験のお申し込みはこちらから >

説得力は背中で語る。「逆三角▼」になる姿勢と筋肉

背中というのは自分では見えない部分ですよね。

遠目からでも

近くでも、

服の上からも

脱いだ時も、

シュッとのびた背筋や、

しなやかさ

はそれだけで好印象を与えます。

さらに

厚みや広がりがあると

男らしく、より元気な若々しい印象につながります。

順番で言えば、姿勢から。

私も勉強中は猫背になりがち、、

姿勢に関していうと、

猫背というのは実は

内臓を守っている姿勢なので、

必ずしも悪いわけではなく

原因として考えられることの一つに、

腎臓などの内臓疲労が挙げられます。

体質や生活習慣ももちろんありますが、

体幹や筋肉の衰えだけではなく、

じつは

加齢による内臓疲労によって、

背中が歪んでくる場合が多いです。

猫背が常習化すると筋肉も衰え、

胸も落ち窪み、可動域も減ってしまい

ますます背中が伸びにくくなるんです。

まずは背中の筋肉の強化と

丸まる原因にアプローチ。

しなやかさ、柔軟性=若さの秘訣だと言われています。

前にも

男の健康 筋トレの重要性①姿勢と柔軟性

について詳しくブログを書きましたが

健康な背中を作っていくには

原因(内臓疲労など)へのアプローチと

可動域、柔軟性、背筋強化。

そう、背中のストレッチとトレーニング!が大事です。

しかし背中のトレーニングは結構難しいのです。

私のとこに来る、

ほとんどのお客様は背中について

間違ったトレーニングをしています。

背中が難しいのは、

まず自分では見えないですし、

腕や足のように、

曲がったらある程度自動的に筋肉に力が伝わる

部位ではないからです。

背中の筋肉は範囲も大きく、複数のいろんな筋肉でできています

そう、複数筋肉があるということは、

一つの動きだけでは改善しないのです。

硬くなっていたり、可動域が狭くなってる場合は

動きを感覚で理解するのは難易度が高い、、、

自分に必要な背中のエクササイズ

正しいフォームで行うことが大事。

そう、トレーナーから見てもらうのが確実で近道です。

そして

毎度お話ししているように、

全部がいっぺんに変わるわけではなく、

一つ一つの積み重ね

生きて来る

曲線グラフのように⤴️あるとき、相乗効果が何倍にも膨らんで「いつの間にかすごい変わったな!」✨

となっていくのが

トレーニングのすごいところ。

姿勢やしなやかさ、大元の原因にアプローチしていく間に、胸も広がり、呼吸が深くなり背中の厚みもついて、

たるみもなくなる!

それだけではなく、

筋トレをしていると

「逆三角形」というV字シェイプ▼

というワードをよく耳にしますが、

シルエットに関していうと、

背中の筋肉のコントロール力が増して来ると、

肩甲骨周辺や、背中の小さい筋肉の強化により、Vに広がる形を作ることができるんです💖 そして肩が持ち上がった姿勢を取れるようになって来ると

より、V字に広がった背中を演出できるようになります。

文字通り、ボディメイク、ですね。💪

男は背中で語る! さりげなく

後ろ姿でアピールできる最強の武器。

スーツの上からでもわかる語れる背中作りましょう!!💟

関連記事

  1. <くびれウエストと開脚>

  2. 絶好調な日は待っててもこない。できるオトナは絶好調を自分で作…

  3. 強度を上げたいときにもオススメ◎ お尻を丸くする!ノンロック…

  4. 筋トレのメリット 大切なのは実年齢ではなく体力年齢

  5. あなたはどのタイプ?筋トレと認識タイプ

  6. アメリカに「寝たきり」はなぜいない?