体験のお申し込みはこちらから >

猫背さんと真っ直ぐすぎさん

Got a good posture?

セラです。
まっすぐ過ぎさんになってませんか?

「真っ直ぐ立って見てください」

というと
ほとんどの人が真っ直ぐ立てません。
そもそも
真っ直ぐってなんでしょうか?
 

体の自然な真っ直ぐと
無理やりの真っ直ぐは必ずしも
同じではありません。

時々いらっしゃるのが
真っ直ぐすぎさん。
一生懸命まっすぐに胸を張ろうとして、
腰を痛めてしまう方。
 

自分では姿勢がいいと
思ってる場合が多いため
要注意なんです。

反り腰、腰痛、
背中が張ってる方などもそうです。

ぐっと腰が入ってしまい、
腰が張ったり、
腰痛予備軍になっていて
前屈などがとても硬いという人に多いです。
 

そのような場合、お腹に力が入らず、
力が発揮できないため、
重たい重量でのトレーニングができないことが多いです。

真っ直ぐすぎさんは
トレーニングの順番は
<まずお腹かから>

また同時に腹筋や体幹を鍛えながら、
背中の柔軟性を出すことです。

トレーニング動作では
みぞおちを丸めるくらいのつもりで、
ブリッジはかけずに行うのが良いです。

アームカール、
サイドレイズなども腹筋を意識して
お腹に力を入れて行うことが重要となってきます。
みぞおち、
へそ下から力を出す意識をして行きましょう。
 

このシーズン師走で忙しかったり
いつもとは違って忘年会や新年会など
疲れが溜まりやすくまた冷える時期なので
何かの拍子に腰を痛めやすいので要注意です。

Strike a pose!
 

関連記事

  1. 【最初に取り組むべき背中の筋トレは?】

  2. ダイエットと筋肉は貯金できる  

  3. ストレスは体づくりには良いものなんです!ストレスと筋トレの関…

  4. 食事のコントロールと思考の関係

  5. 牛肉はダイエットにいいの?「肉体改造にはタンパク質!」50代…

  6. 綺麗な小麦肌を作るワンポイント【夏場も冬場も日焼けにはニベア…

プロフィール

  1. 2019.11.25

    自然にバランスのとれたカラダになっていく仕組み 構造(…

  2. 2019.09.11

    チャレンジと決意 

  3. 2019.08.23

    女性に多い・隠れ貧血と鉄分とフェリチン その2

  4. 2019.08.21

    女性のPMS・隠れ貧血に要注意・フェリチン鉄不足と冷え

  5. 2019.08.21

    自分のためのカラダづくり・「カンペキ」じゃないからいいこ…