体験のお申し込みはこちらから >

男の健康 筋トレの重要性 ①姿勢と柔軟性

こんにちは

男の健康 筋トレの重要性 ①姿勢と柔軟性

副題に英語で「アクティブに生きるか、死んだように生きるか」と書きました。

LIVING DEAD 直訳すると 「死んだように生きる」 は英語ではゾンビのことを指します。

豊かな人生を送るための選択は、「健康であるか、ないか」その2択です。

健康は運動や生活習慣で作ることができます。

しかし年齢とともに内臓機能や体力や筋力は落ちていきます。

若い人とはベースが違います。

唯一、自然の摂理に抗う方法は、「筋トレ」です。

なぜなら、筋トレは体にとって不自然な運動をするからです。

体重以上の重さをかけて、日常生活では行わない動作を

繰り返すことにより、スポーツや日常生活ではつけることが難しい筋肉を短期間でつけることができるのです。

最短で使わなくなって弱った筋肉を蘇らせることもできます。

 

 

 

前置きが長くなりました。

ハイパフォーマンスな体づくり専門トレーナーのセラハヤシです。

皆さんは

5年後、10年後、どこで何をしていたいですか?誰と一緒にいたいですか?

どんな理想の生活を送りたいですか?

もし、病気になったり、入院生活が必要になったり、

痛くて苦しくて、動くのもシンドイ、体力もない体になってしまったとしても

その生活は送ることができそうですか?

 

良く生きる、健康長寿、ハイパフォーマンスな身体を維持するためには

そう、筋トレが不可欠です。

体は年齢とともに、どんどん機能が低下していきます。

 

 

誰かと会った時、「あれ、老けたな?」とか「いつまでも若いな」とか、

年齢を聞いた後、実年齢より老けて見えたり、若く見えたりと感じるときありますよね。

第一印象で「若さと老い」はどの部分で判断すると思います?

女性だと化粧品や整形で変えられないのが、首やデコルテあたりのしわやたるみと言いますね。

皮膚のたるみ具合やしわはもちろん年齢を判断するのに有効ですが、

トレーニングをしていると、皮膚のたるみは無くなります

もう一つ第一印象で年齢を無意識に判断する要素があります。

それは「姿勢」です

まっすぐにのびた背中、広がった胸

柔軟な背骨や、広がった胸、肩甲骨の動き具合(可動域)

そう、それを作るのが筋トレです。

ヨガの考え方では「背中の柔軟性」=若さ

と考えています。

しなやかな背中があるほど、若いということです。

反対に背中が湾曲していて、杖をついている、よろよろしている、あばらが浮いて、胸やみどおちが

落ちている、猫背、首や肩周りが固そうだと、不健康で、年老いた印象になりませんか?

 

 

 

 

40~50代を過ぎてくると年齢による変化がおこり、骨粗しょう症や、骨と骨の間の軟骨が痩せていくことによる変化などで、背中が丸まっていきます。

またあまり一般的に認識されていませんが、加齢による腎臓疲労により、背筋をまっすぐに保つことが困難になります。

そうして普段の姿勢が丸まっていき、習慣化すると

余計に背中の筋肉は衰えて

丸まった姿勢が強化され、

肩や背中はどんどん硬くなり、

呼吸まで圧迫され、

さらに湾曲が進む悪循環に陥ります。

 

普段からトレーニングを行い、

背中の柔軟性や肩甲骨の可動域を意識していれば、

その心配はいりません。

今から始めれば、5年、10年後、

「お若いですね」とびっくりされるようになるでしょう。

 

クライアントさんの何人かは、出会った頃、

身体を変えることをもう諦めていました。

なんとなく、こうなりたいな〜ってあったといいます。

 

体も同じです。

長年同じ姿勢でいたり、同じ習慣を続けていると、

だんだん動きが悪くなり、

可動域が狭くなり、

その部分が錆びついて、

そして最後は変なところに脂肪がついたり、

血行が滞ったり、

痛みに変わったり、

変な負荷が常にかかってしまったり、

色々と問題が生じます。

少しのトレーニングや、メンテナンスで、

パフィーマンスを高めることは可能です。

 

 

パーソナルセッションでは

まずは一人一人の状態を分析し、

最短でパフォーマンスを高める

トレーニングを行います。

 

パーソナルは受けたくない、

自己流でやっているという方は

時々専門家にフォームをチェックしてもらうと良いでしょう。

せっかく背中をトレーニングしているのに、

肝心の肩関節や、背中にはアプローチできておらず、

あれでは効果が出ないだろうなあ、、という方をたくさん見かけます。

 

ご自身の状態を知りたいという方は、

体験でお伝えすることもできます。

もう今更、、なんて諦めないでください。

若々しくて、かっこいい、余裕ある身体を手に入れましょう。

 

 

関連記事

  1. 筋トレしてても、体脂肪が減らない?回数をこなしているかチェッ…

  2. Assemble!ヒーローの筋肉美を作るベンチプレス

  3. カッコイイ印象を与える体 <ヒーローの肉体>  

  4. 猫背さんと真っ直ぐすぎさん

  5. 失敗のないストレスフリーの成功法とは、、、

  6. 残り50年をどう生きるか 悔いのない未来を描く

プロフィール

  1. 2019.11.25

    自然にバランスのとれたカラダになっていく仕組み 構造(…

  2. 2019.09.11

    チャレンジと決意 

  3. 2019.08.23

    女性に多い・隠れ貧血と鉄分とフェリチン その2

  4. 2019.08.21

    女性のPMS・隠れ貧血に要注意・フェリチン鉄不足と冷え

  5. 2019.08.21

    自分のためのカラダづくり・「カンペキ」じゃないからいいこ…