体験のお申し込みはこちらから >

<かっこいい身体を作るトレーニング 上達の鍵はグリップ(握り方)にあり>  

<かっこいい身体を作るトレーニング
上達の鍵はグリップ(握り方)にあり>
 

Get a grip !
セラです

「グリップが〜」という話を
始めたらあなたも筋トレマニアです。
 

ゲット・ア・グリップといえば
「冷静に、しっかりしろ」という意味がありますが
握るグリップにおいても
動作が安定し、しっかりします。

身体のシェイプを変える
トレーニングフォームを
効果的に行うカギは
グリップ(握り方)にあります。
 

同じ動作でもグリップによって
異なる刺激が筋肉へ行きます。
狙ったところに刺激が行かない
そういう方は一度ダンベルやバーベル、
マシンを使うときのグリップ(握り方)
を意識してみましょう。
 

例えば背中の種目、
ローイングや
プルダウンの動作では
バーを引っ張った時、
小指が浮いてきてしまう
という人が多いです。

構造上
男性は女性に比べ、
手のひらが四角いので
肩甲骨に力を伝えるのが得意ですが
(女性は手首が浮いたり肩甲骨が滑る)
 

肩甲骨が硬かったり
動きが悪い・姿勢が悪いと
しっかり握れてないという
場合があります。

握れなくて指を引っ掛けるように
バーを引っ張っている人は
まずは指の付け根、
第一関節(手のひらから)から
握るつもりでやってみましょう。
 

反対にチェストプレスなどは
手首が返ってしまい
小指がわの手のひらで押している場合は
胸の筋肉に効いてきません。

親指の付け根と手のひらの腹で
ハンドルやグリップを握りましょう。
このとき手首は立てることが重要です!
 

押した時に腕が伸びきってしまい、
肘が過伸展といって
猿手(さるて)になってしまう人も
肩甲骨が機能していないので

重さが伸び悩んだり
胸にも刺激が行きにくく要注意です。
(最後の写真)
 

種目によってグリップを変えたり
同じトレーニング内容の中で
握り方を変えることで
バリエーションが増えます。

次回はグリップを効かせる
ポイントをお伝えします。
 

Have a wonderful Sunday!

 

関連記事

  1. 男らしい体を作る食事とは?【イイカラダ=賢い選択】

  2. <腹筋が割れて来ない! 6つのシックスパックを作るには>

  3. 【厚みを作る・サイズアップの人のトレーニング】

  4. 40代、50代はカッコよく落とす!【成功する減量】洗脳を解く…

  5. <筋肉の長さで考える> 太い腕を作るアームカール編

  6. クライアントさんからの声【子作りにはダイエット】

プロフィール

  1. 2019.11.25

    自然にバランスのとれたカラダになっていく仕組み 構造(…

  2. 2019.09.11

    チャレンジと決意 

  3. 2019.08.23

    女性に多い・隠れ貧血と鉄分とフェリチン その2

  4. 2019.08.21

    女性のPMS・隠れ貧血に要注意・フェリチン鉄不足と冷え

  5. 2019.08.21

    自分のためのカラダづくり・「カンペキ」じゃないからいいこ…