体験のお申し込みはこちらから >

<カッコイイ身体づくりに大事なこと・その4 どんな筋トレが旅にいきる?>

Good morning!
セラです。
 
欧米では大学進学や就職前に
1年休みを取って
旅や海外ボランティアや留学に出る人多いです。
 
私はアメリカ・カナダの高校を卒業したのですが
「旅したい。視野を広げたい。」
と思っていたので
バックパックに何度か行きました。
 
秘境のラグーンまで泥だらけでクライミングしたり、
灼熱の炎天下でこぼこ道をバックパックしょって歩いたり
スカイダイビングしたり
色々チャレンジしました。
 
満足したので
ジムで毎日
今度の旅に備えて
筋トレしています。
 
日本では
40代、50代と
仕事がひと段落して
体を鍛えたり、
旅に出たい
と思う人結構いるようです。
 
一方で
電車に乗ると
足をつっかえ棒にして立っていたり、
つり輪にぶら下がって
しんどそうに立っている人見かけます。
足がパンパンの人も・・
 
旅先でリフレッシュよりも
バテてしまいそうです。
 
 
丈夫な足腰を作るためには
やはりスクワットが大事です。
 
左右の骨盤にしっかり乗れること、
そしてその力が背骨にうまく伝わること
乗れる、伝わる=柔軟性や動きのパフォーマンスが高い
ということです。
 
腰や膝で固めて支えるのではなく、
動きの中で安定できる状態が理想的です。
 
 
体がうまく使えない状態で
闇雲にスクワットしても
うまく行きません
そうしないと
肩、腰や膝のケガにつながります。
 
回復力も落ちてくる
年頃にケガをすると
ケガの治りも遅く
関節が緩んだり周りの筋肉が
弾力が無くなったりします。
 
なのでセッションでは
その前に体を機能的に動かす
㊙︎のセラトレを行います。
 
何をするかというと
背骨を
・反る、丸める
・側屈、ひねる
 
この動きを数秒
骨盤の重心移動と一緒に行うのです
鍛えるにはたった数秒の準備が大事なんです。
 
自己調整法、
コンディショニングと言いますが
中高年から体を鍛える場合は必須です。
 
 
生涯にわたって体のパフォーマンスを高く保つために
小さな習慣で
良い状態に合わせておくことが
トレーニングで体を変えるために重要なのです。
 
Its worth it!
 
 
セラ
 
 

関連記事

  1. 【筋トレに慣れてきたら、 厚い胸板には異なる刺激が必要・・】…

  2. ポジティブ・セラトレ1 楽しみながら体を変える 筋トレ嫌い・…

  3. 男の健康 筋トレの重要性 ①姿勢と柔軟性

  4. 食事のコントロールと思考の関係

  5. 【10回3セットに囚われないとカラダが変わる】

  6. ダイエットと筋肉は貯金できる  

プロフィール

  1. 2019.11.25

    自然にバランスのとれたカラダになっていく仕組み 構造(…

  2. 2019.09.11

    チャレンジと決意 

  3. 2019.08.23

    女性に多い・隠れ貧血と鉄分とフェリチン その2

  4. 2019.08.21

    女性のPMS・隠れ貧血に要注意・フェリチン鉄不足と冷え

  5. 2019.08.21

    自分のためのカラダづくり・「カンペキ」じゃないからいいこ…